このページ(台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて)内のスキップメニュー
  1. このページ(台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  JKCからのお知らせ  >  その他の大切なお知らせ  >  台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて

台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて

台湾における狂犬病の発生に伴う犬等の輸入検疫の取扱いについて

 農林水産省では2013年7月17日、台湾で狂犬病が確定診断されたことから、台湾を7月17日より狂犬病の非清浄地域として取り扱うとの報道発表を行いました。
(7月16日、台湾行政院農業委員会が、野生のイタチアナグマに由来する検体を検査した結果、狂犬病であることを確定診断した旨を公表しました。)

 これまで台湾は狂犬病発生のない清浄地域と指定されてきましたが、今後、台湾から犬等を輸入する場合は、非清浄地域からの輸入条件を参照し、狂犬病の予防接種血液検査等を行う必要があるとのことですので、十分にご注意ください。

 なお、同発表では、7月以前の過去6カ月以内に台湾から輸入された犬等を飼養されている方は、念のため、入国時から半年間は毎日の健康観察を行うよう注意喚起がなされていますので、あわせてご留意ください。

前
マダニ媒介性の新しい感染症について
カテゴリートップ
その他の大切なお知らせ
次
韓国へ搬入される犬・ネコの輸入検疫基準の改正について