このページ(アジリティー世界大会で堂々の銀メダル(2011年10月))内のスキップメニュー
  1. このページ(アジリティー世界大会で堂々の銀メダル(2011年10月))のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  イベント  >  アジリティー競技会  >  アジリティー世界大会で堂々の銀メダル(2011年10月)

アジリティー世界大会で堂々の銀メダル(2011年10月)

 2011年10月7日〜9日、フランス・リーヴァン市で開催された2011FCIアジリティーワールドチャンピオンシップにおいて、スモールクラスに出場した日本代表・山口麻穂指導手/ポール トゥ ウィン JP’S スズカ グランプリ(犬種:シェットランド・シープドッグ)ペアが世界から参加した26カ国75ペア中、堂々の第2位に入賞し銀メダルに輝きました!
 また、日本代表はスモールクラスのチーム競技においても第3位(参加26カ国)に入賞しました。
 この他、日本代表は、82ペアが挑戦したミディアムクラスで個人競技で10位、チーム競技では8位(参加28カ国)に入賞、ラージクラスにおいても、127ペア中11位入賞、チーム競技では5位((参加31カ国)に入賞するという素晴らしい成績をおさめました。


前
アジリティーワールドチャンピオンシップ派遣選考及びヨーロピアンオープン出場選考について
カテゴリートップ
アジリティー競技会