このページ(ドーベルマン及びイングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色について (2019 年2月20 日時点))内のスキップメニュー
  1. このページ(ドーベルマン及びイングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色について (2019 年2月20 日時点))のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  イベント  >  重要なお知らせ  >  犬種標準の改正  >  ドーベルマン及びイングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色について (2019 年2月20 日時点)

ドーベルマン及びイングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色について (2019 年2月20 日時点)

ドーベルマン及びイングリッシュ・コッカー・スパニエルの毛色について

(1)ドーベルマン及びイングリッシュ・コッカー・スパニエルのスタンダード改正に伴い、2019年9月2日以降の登録について、以下の毛色をスタンダード外のものとし、血統証明書への×印記載対象とします。

① ドーベルマン
  ×ブルー
  ×ブルー&ラスト
  ×ブルー&タン
  ×イザベラ
  ×イザベラ&ラスト
  ×イザベラ&タン
② イングリッシュ・コッカー・スパニエル
  ×セーブル

(2)展覧会における取り扱いは、次の通りです。

  1. ①  2019年9月2日以降に開催される展覧会において、改正されたスタンダード以外の毛色は、失格となります。
  2. ②  実施日以降であっても、血統証明書上でスタンダード外の毛色の犬もチャンピオン登録が出来ます。
  3. ③  実施日以前に開催される展覧会であっても、国外審査員が審査を行う場合、上記(1)の毛色の出陳犬が失格となる場合があります。

★関連するお知らせは、併せてこちら>>> をご確認ください。

前
ウェルシュ・コーギー・カーディガンの犬種標準(スタンダード)改正について (2017 年10 月1 日施行)
カテゴリートップ
犬種標準の改正
次
犬種標準の改正について (2019 年2月20 日時点)