このページ(全犬種展・犬種群展における単独システムの採用、単犬種展における出陳頭数について)内のスキップメニュー
  1. このページ(全犬種展・犬種群展における単独システムの採用、単犬種展における出陳頭数について)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  イベント  >  規程に関する重要なお知らせ  >  展覧会  >  全犬種展・犬種群展における単独システムの採用、単犬種展における出陳頭数について

全犬種展・犬種群展における単独システムの採用、単犬種展における出陳頭数について

  1. 2019年1月1日以降開催される、全ての全犬種展(本部展・FCI展・クラブ連合会展・全犬種クラブ展)、並びに犬種群展(ダックスフンド部会展・犬種群クラブ展)に準用している単独システムの準用頭数を、40頭から30頭に引き下げます。なお、当日の実頭数が26頭以下となった場合、単独システムは不成立として取扱い、リザーブウィナーズ・エクセレントに付与されたM.CC(CC)は無効となります。
  2. これと同様に、単犬種展の規程頭数も40頭から、30頭に引き下げます。
  3. 参考犬は、今後、出陳頭数には含まれません。
カテゴリートップ
展覧会
次
展覧会における棄権の取扱いとM.CC(CC)の取扱いについて