このページ(「アジリティー規程」及び「アジリティー競技会規程」の改正について (2018年11月〜))内のスキップメニュー
  1. このページ(「アジリティー規程」及び「アジリティー競技会規程」の改正について (2018年11月〜))のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  イベント  >  規程に関する重要なお知らせ  >  アジリティー  >  「アジリティー規程」及び「アジリティー競技会規程」の改正について (2018年11月〜)

「アジリティー規程」及び「アジリティー競技会規程」の改正について (2018年11月〜)

 2018年3月20日(火)に開催された第257回理事会において、「アジリティー規程」並びに「アジリティー競技会規程」の改正が議決されました。
 規程改正の主要点は下記の通りで、下線部が追加または変更となりますのでご精読ください。なお、当該規程は、2018年11月1日以降に開催される競技会より施行します。
 詳 細につきましては、FCIアジリティー規程にてご確認ください。

FCIアジリティー規程  (PDF) [2018年11月〜施行]

1)障害について

  1. ① 一重ハードル及び二重ハードル(スプレッド・ジャンプ)
      バーの高さ  S:25〜30  M:35〜40  L:55〜60
  2. ② テーブル
      テーブルの採用はなくなりました。

2)コース標準タイムについて

  1. ① FCIインターナショナルアジリティー競技大会(本部主催)・FCIインターナショナルアジリティー競技大会(東・西日本ブロッ ク訓練士協議会主催)における標準タイムは、最も早く最もコース上の失敗が少なかった犬のタイムに15%加えたタイムとする。なお、小数点以下は切り上げとする。
  2. ② ブロックアジリティー競技会・ST連合会アジリティー競技会・クラブアジリティー競技会における標準タイムは、コース全長を旋回ス ピードで割ることにより決定する。旋回スピードは担当審査員が当該コースに対して、競技会の水準、コースの難易度及び競技場の地面の状態によって選定された旋回スピードに従っ て決定する。

3)リミットタイムについて

  1. リミットタイムは、コース全長をアジリティーでは、2.0m/Sで、ジャンピングでは2.5m/Sで割ることによって決定する。

4)指導手の注意事項について

  1. ① 指導手は犬や障害に触れてはならない。
  2. ② 指導手は、障害を跳躍や通過をしたり、障害の上や下を通ったりしてはならない。
  3. ③ 審査員の合図があるまで、犬をスタートさせてはならない。

5)失敗による減点について

  1. 犬が障害を跳躍する際に、障害を倒したり又は落とした時。

6)拒絶による減点について

  1. ① シーソーで、中央軸を4本の足が越える前に跳び下りた時。
  2. ② ハードルのバーの下をくぐった時。
  3. ③ チューブ・トンネル、フラット・トンネル、ハードルのウイングを跳び越えた時。
  4. ④ タッチ障害の下をくぐったり、跳び越えた時。
  5. ⑤ チューブ・トンネル、フラット・トンネルを横から障害にアプローチする際、トンネルを跳び越える等の誤った動作をした時。
  6. ⑥ 最初の障害を跳ばずに、障害横を通過した時。

7)失格について

  1. ① Aフレームの頂点を越えた後、下り傾斜路に触れる前に地面に触れた時。
  2. ② 犬が障害を通過する前に、障害を倒したり、壊したりして、障害を正しく通過できないようにした時。
  3. ③ 指導手が障害を倒したり、壊したりした時。
  4. ④ 犬がスタートラインを越えた後、審査員の指示なしに犬をスタートの位置に戻した時。

8)席次について

  1. ① 減点合計の低い犬を上位とする。
  2. ② 減点合計が同点の場合には、競技時間の短い犬を上位とする。
カテゴリートップ
アジリティー