このページ(展覧会規程の改正に関する事項)内のスキップメニュー
  1. このページ(展覧会規程の改正に関する事項)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  JKCからのお知らせ  >  会員様向けのお知らせ  >  展覧会規程の改正に関する事項

展覧会規程の改正に関する事項

1. 展覧会規程に関する事項

[1] FCI展において下記犬種について、FCI規程に基づきバラエティー(毛色・毛種・サイズ)を追加採用します。

犬種 バラエティー内容
エストレラ・マウンテン・ドッグ 毛種
(1)スムースヘアード
(2)ロングヘアード
スタンダード・プードル(※) 毛色
(1)ホワイト、ブラック、ブラウンで1バラエティー
(2)グレー、オレンジ・フォーン(アプリコット)、レッド・フォーンで1バラエティー
ミディアム・プードル(※) 毛色
(1)ホワイト、ブラック、ブラウンで1バラエティー
(2)グレー、オレンジ・フォーン(アプリコット)、レッド・フォーンで1バラエティー
ミニチュア・プードル(※) 毛色
(1)ホワイト、ブラック、ブラウンで1バラエティー
(2)グレー、オレンジ・フォーン(アプリコット)、レッド・フォーンで1バラエティー

FCI展におけるプードルのカラーバラエティーについて
2011年9月1日より、スタンダード・プードル/ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルについては、FCI展において下記の通りカラーバラエティーを採用しております。
当初、本会では該当以外の毛色(※)については、「グレー、オレンジ・フォーン(アプリコット)、レッド・フォーン」と同じバラエティー区分としておりましたが、今後は各出陳者の判断によりバラエティー区分を確定し、出陳申込みをして下さい。出陳される方は、この事と、以下の点にご注意ください。
1)展覧会当日のバラエティー変更は認められません。
2)入賞管理については、CACIB並びにM.CCを異なるバラエティーで取得した場合、先に取得したバラティー区分のCACIB並びにM.CCのみ有効となります。

スタンダード・プードル/ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルのFCI展におけるバラエティー区分
(1)ホワイト、ブラック、ブラウンで1バラエティー
(2)グレー、オレンジ・フォーン(アプリコット)、レッド・フォーンで1バラエティー
※該当以外の毛色・・・ベージュ/ブルー/カフェ・オレ/シャンパン/クリーム/シルバー/シルバー・ベージュ
※トイ・プードルは、全ての毛色で1バラエティー

[2] FCI展を含む全ての展覧会において、下記犬種は別犬種として扱う。

犬種 区分内容
ジャーマン・シェパード・ドッグ 毛種
(1)ジャーマン・シェパード・ドッグ(シュトックハール
(2)ジャーマン・シェパード・ドッグ(ラングシュトックハール
ショロイツクインツレ
(旧:メキシカン・ヘアレス・ドッグ)
サイズ
(1)ショロイツクインツレ(スタンダード
(2)ショロイツクインツレ(インターミディエイト
(3)ショロイツクインツレ(ミニチュア
ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー
(旧:ノルウェジアン・エルクハウンド)
毛色が「グレー」のもののみ
ノルウェジアン・エルクハウンド・ブラック
(旧:ノルウェジアン・エルクハウンド)
毛色が「ブラック」のもののみ
ペルービアン・ヘアレス・ドッグ サイズ
(1)ペルービアン・ヘアレス・ドッグ(ラージ
(2)ペルービアン・ヘアレス・ドッグ(ミディアム
(3)ペルービアン・ヘアレス・ドッグ(ミニチュア

[3] 前項[2]のジャーマン・シェパード・ドッグの区分けにより、アジアS犬展・ST連合会展・単犬種クラブ展の規程を改正する。

(1)上記区分けによる2バラエティーの単犬種展を同時に開催することとする。
(2)上記2バラエティーのうち、いずれか1バラエティーは40頭以上の出陳を必要とする。
(3)年齢区分・審査要領については、現行通り。
前
犬種標準の改正に関する事項
カテゴリートップ
会員様向けのお知らせ
次
犬種標準及びバラエティー区分の変更に伴う犬籍上の取扱いに関する事項