このページ(犬種標準の改正に関する事項)内のスキップメニュー
  1. このページ(犬種標準の改正に関する事項)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  JKCからのお知らせ  >  会員様向けのお知らせ  >  犬種標準の改正に関する事項

犬種標準の改正に関する事項

第216回理事会において、下記犬種の犬種標準が改正されました。施行日は、2011年9月1日となります。

犬種標準とは、それぞれの犬種の理想像を作りあげて記述したものであり、下記の事項は、ドッグショーの出陳並びに計画繁殖する犬の参考にするものです。この事項から外れることがあっても、その犬種として、家庭の良き伴侶として飼育されることに問題はありません。

●主な改正点

1G ジャーマン・シェパード・ドッグ
毛種バラエティー採用について
FCIスタンダードの改正に基づき、毛種バラエティーを「シュトックハール(直杖毛)」「ラングシュトックハール(長直杖毛)」とします。

5G メキシカン・ヘアレス・ドッグ
FCIの改正に基づき、犬種名を「ショロイツクインツレ」に変更します。

5G ノルウェジアン・エルクハウンド
FCIにおいて「ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー」「ノルウェジアン・エルクハウンド・ブラック」としてそれぞれ独立した犬種で登録されており、本会もFCI同様に別犬種として登録いたします。本会には「ノルウェジアン・エルクハウンド・グレー」のみ登録がありますので犬種名を変更します。

犬種標準改正犬種

改正点の詳細は犬種名をクリックしてください。[PDF形式]

1G
ジャーマン・シェパード・ドッグ
オールド・イングリシュ・シープドッグ
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
2G
ブルドッグ
3G
ノーリッチ・テリア
ウェルシュ・テリア
5G
チャウ・チャウ
メキシカン・ヘアレス・ドッグ
ノルウェジアン・エルクハウンド
8G
クランバー・スパニエル
コーイケルホンディエ
10G
アフガン・ハウンド
グレーハウンド
イタリアン・グレーハウンド
前
JKCブリーディング・アワード殿堂の新設と殿堂入り制度の実施について
カテゴリートップ
会員様向けのお知らせ
次
展覧会規程の改正に関する事項