このページ(オビディエンスとは?)内のスキップメニュー
  1. このページ(オビディエンスとは?)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  イベント  >  オビディエンス  >  オビディエンスとは?

オビディエンスとは?

オビディエンスとは?

 一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)では、クラブ会員の皆様に広くご参加いただいている家庭犬訓練部門について一層の活性化を図るため、2008年より、FCIオビディエンスを基にした「オビディエンス」を新しく導入しました。

 現在、オビディエンスは、アジリティーやIPOと同様にワールドチャンピオンシップが開催されており、ドッグスポーツの一つとしてヨーロッパでは盛んに行われています。
今後は、オビティエンスの競技人口が増加していくにつれ、将来的には「オビディエンス」単独開催も検討していくこととなるでしょう。

 オビディエンスは総合的科目であるため、難易度は高めですが、訓練士だけでなく、アマチュア指導手の方にも十分対応できるものです。クラブ会員の皆様に「オビディエンス」に関心を持っていただき、ぜひご参加いただければ幸いです。

◆ オビディエンスの科目は?

次の5つのレベルがあります。

  • オビディエンスビギナー Ⅰ (競技会のみ)
  • オビディエンスビギナー Ⅱ (競技会のみ)
  • オビディエンス Ⅰ
  • オビディエンス Ⅱ
  • オビディエンス Ⅲ

◆ 出陳(受験)資格

●オビディエンスビギナー Ⅰ・Ⅱ クラブ会員所有の生後9カ月1日以上の本会登録犬および本会の非公認犬種・本会の非公認団体登録犬・交雑犬
●オビディエンスⅠ クラブ会員所有の生後9カ月1日以上の本会登録犬
●オビディエンスⅡ クラブ会員所有の生後9カ月1日以上の本会登録犬でオビディエンスⅠに合格し、登録済みの犬
●オビディエンスⅢ クラブ会員所有の生後15カ月1日以上の本会登録犬でオビディエンスⅡに合格し、登録済みの犬

◆ 競技課目の実施要領について

オビディエンスの実施要領はこちらから、ダウンロードしてご覧ください。

オビディエンス ビギナー Ⅰ・Ⅱの実施要領 オビディエンス Ⅰ・Ⅱの実施要領 オビディエンス Ⅲの実施要領 オビディエンスⅠ・Ⅱ・Ⅲの新規程における実施要領

※なお、オビディエンス機Ν供Ν靴蓮2016秋季訓練競技大会(予定)より、新規程での競技となります。
※通常の訓練競技会では1頭ずつ作業を行いますが、オビディエンスでは課目1、2 (上記実施要領参照)は複数頭で行う課目となります。
オビディエンスは3頭以上で実施されます。

◆ 出陳・受験について

オビディエンスⅠ・Ⅱ・Ⅲは、競技と試験が同時に行われることとなっています。
つまり、競技会の成績がそのまま試験の成績となります。 会場は、競技会の会場で実施されます。(公認訓練所では行われません)
料金は、出陳料と受験料が必要です。
 ※出陳するクラスの試験に合格登録済みの場合は、出陳料のみとなります。
オビディエンスⅠから順を追って受験してください。
合格すると登録が必要となります。

訓練試験に関する「各種申請用紙のダウンロード」は、こちら

お問合せ

オビディエンスにご興味のある方は、下記までお問合せください。

一般社団法人ジャパンケネルクラブ 技術事業課
電話03-3251-1656

カテゴリートップ
オビディエンス