このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ほ : 北海道 - HOKKAIDO)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ほ : 北海道 - HOKKAIDO)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ほ : 北海道 - HOKKAIDO

世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ほ : 北海道 - HOKKAIDO

ほっかいどう

北海道 - HOKKAIDO

北海道

原産地

日本

用途

家庭犬

沿革

鎌倉時代(1192〜1333年)、北海道と東北地方との交流が盛んになるに従い、本州から北海道へ移住する際に、伴侶犬として移動した中型犬が祖先であると言われている。1937年天然記念物の指定を受けて以来、その地名が犬種名になった。別名をアイヌ犬とも呼ばれている。北海道の先住民族であるアイヌ人が熊やその他の獣猟用として飼育したものである。厳寒と豪雪に耐える強い体質を持ち、的確な判断力と持久力に富んでいる。

一般外貌

性相の判然としたやや前がちのよく均整がとれた頑健な体躯の中型犬で、筋肉は強靭で乾燥している。

習性/性格

大変忍耐強く、精悍で素朴感がある。性格は忠実、従順で警戒心に富み、大胆である。

毛色

胡麻(先端の黒いレッドフォーンの毛)、虎、赤、黒、黒褐色、白。

サイズ

体高 牡:48.5〜51.5cm 牝:45.5〜48.5cm


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます