このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルドッグ - BULLDOG)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルドッグ - BULLDOG)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルドッグ - BULLDOG

世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルドッグ - BULLDOG

ぶるどっぐ

ブルドッグ - BULLDOG

ブルドッグ

原産地

イギリス

用途

家庭犬

沿革

1630年代に初めて分類されていたが、それ以前でも、今日では闘犬タイプの犬を参照する用語であるBangdogと似通ったタイプがいたとの記述がある。もともとはブルベイティングとして使用されていたブルドッグは、1835年以降に現在知られているような短吻で、よりずんぐりした体型に変貌していった。1860年に出陳され、その翌年には大きな変化を遂げた。家族や友人に対し愛情深く、優しい気質を隠す、ボクシング選手のような表情をしている独特な犬である。最も古い原産犬種の一つであり、イギリスの国犬としても知られるこの犬種は、世界中で英国の決意や伝説のジョン・ブルと結び付けられている。

一般外貌

被毛はスムースで、かなり厚い。体軀は多少地低く、幅広で、力強く、コンパクト。頭部は大きさに対しかなり大きく、全体的な調和が失われたり、バランスが崩れたり、動きに困難を生じさせるほどではない。顔部は比較的短く、マズルは幅広く、ずんぐりとし、若干上向きだが過度ではない。呼吸困難が見られるものは極めて望ましくない。ボディはかなり短く、がっしりしており、四肢は頑丈で、筋肉が発達し、堅固であるが、肥満の傾向はない。後肢は腰高で、力強い。牝は牡と比べると、それほど大きくなく、筋肉も発達していない。

習性/性格

判断力があり、力強く、活動的な印象を与える。鋭敏で、果敢、忠誠心があり、信頼でき、勇敢。外見は怖そうだが、愛情深い気質である。

毛色

毛色は単色かスマット(単色にブラックのマスクとマズル)。単色の場合は(明るく、混じり気のない色)、ブリンドルか、様々な色調のレッド、フォーン、ファロー(淡黄色)等。或いはホワイトとパイド(ホワイトと前記のいずれかの色の組み合わせ)。肉色やブラック、ブラックにタンのあるものは非常に好ましくない。

サイズ

体重 
牡:25kg 牝:23kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます