このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ランカシャー・ヒーラー - LANCASHIRE HEELER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ランカシャー・ヒーラー - LANCASHIRE HEELER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ランカシャー・ヒーラー - LANCASHIRE HEELER

世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ランカシャー・ヒーラー - LANCASHIRE HEELER

らんかしゃー・ひーらー

ランカシャー・ヒーラー - LANCASHIRE HEELER

ランカシャー・ヒーラー

原産地

イギリス

用途

ハーディング & コンパニオン

沿革

ランカシャー・ヒーラーの起源は明確にはなっていないが、ウェルシュ・ヒーラー(コーギー)が畜牛を食肉処理のためにウェールズからオームスカーク地方(ランカシャー州)へ移動させた際、マンチェスター・テリアと出逢ったのが起源ではないかとされている。確かに、この犬種はその地域で見られ、何世代にも亘り繁殖されている。この犬種は利口で、人を愛し、喜ばせるのが好きである。また、訓練可能な犬種ではあるが、揺るぎない優しい所有者の下での訓練が最善である。小さな体格ではあるが、驚くべきエネルギー量を有している。

一般外貌

小型で、力強く、頑丈な体軀構成であり、用心深く、活動的な作業犬である。

習性/性格

キャトル・ドッグではあるが、兎狩りやネズミ取りの際にはテリアの本能を見せる。勇敢で、陽気で、飼い主に対する愛情が深い。

毛色

毛色に応じた色素沈着を伴うブラック・アンド・タンまたはレバー・ブラウン・アンド・タンである。頬には鮮やかなタン・ポイントがあり、それはしばしば目の上にも見られる。マズル、胸部、膝から下、後軀の内側及び尾の下側の色は鮮やかなタンである。毛色に応じた明瞭なブラックまたはレバーのマーク(サム・マーク)が前足のすぐ上にあるのが望ましい。タンの鮮やかさは年齢と共に薄くなることがある。ホワイトは推奨されない。前胸のホワイトの小斑は許容されるが、望ましくはない。

サイズ

体高
理想的な牡の体高は 30 cm、牝は 25 cm である。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます