このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・スイス・マウンテン・ドッグ - GREAT SWISS MOUNTAIN DOG)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・スイス・マウンテン・ドッグ - GREAT SWISS MOUNTAIN DOG)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・スイス・マウンテン・ドッグ - GREAT SWISS MOUNTAIN DOG

世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・スイス・マウンテン・ドッグ - GREAT SWISS MOUNTAIN DOG

ぐれーと・すいす・まうんてん・どっぐ

グレート・スイス・マウンテン・ドッグ - GREAT SWISS MOUNTAIN DOG

グレート・スイス・マウンテン・ドッグ -GREAT SWISS MOUNTAIN DOG

原産地

スイス

用途

元々はウォッチ・ドッグ及びドラフト・ドッグ(荷物運搬犬)として使用されていた。現在では、コンパニオン・ドッグ及びガード・ドッグ、ファミリー・ドッグでもある。

沿革

1908年に「スイス・ケネル・クラブ(Schweizerische Kynologische Gesellschaft)」の創立25周年を記念してLangenthal で開催されたジュビリー・ショーに於いて、スイス・マウンテン・ドッグの偉大なプロモーターである Albert Heim 教授に、2頭のショートヘアードのバーニーズ・マウンテン・ドッグが披露された。
教授は、それらの犬が、かつて護衛犬、荷物運搬犬、またキャトル・ドッグとして繁殖され、ヨーロッパ全土に広がった祖先犬を持ち、古く、その数が減少している大型のマウンテン・ドッグの典型であると認識した。そして1909年にスイスのスタッドブック第12巻に登録されていた犬種とは別の犬種としてスイスKCに公認された。
1912年には、この犬種を普及し、純粋犬種として維持するための「グレート・スイス・マウンテン・ドッグ」クラブが設立された。
最初のスタンダードはFCIにより1939年2月5日以降に公表された。
現在では、この犬種はヨーロッパ諸国以外でも繁殖されており、その穏やかで信頼できる気質から、特にファミリー・ドッグとして高く評価されている。

一般外貌

トライカラーで、頑健で、骨量は重く、筋肉質の犬である。そのサイズ及び体重にもかかわらず、持久力と機敏さを兼ね備えている。性別間の違いは明瞭である。

習性/性格

自信に満ち、機敏で、用心深く、あらゆる状況下でも恐れを知らない。温厚で、馴染み深い人々に対しては愛情深く、見知らぬ人々に対しては物怖じしない。中庸な気質である。

毛色

典型的なトライカラー。主な毛色はブラックで、左右対称のレディッシュ・ブラウン(タン)のマーキングとホワイトのマーキングがある。レディッシュ・ブラウンのマーキングは頬、目の上、耳の内側、前胸の両側、四肢及び尾の下側にあるブラックとホワイト・マーキングの間に見られる。頭部(ブレーズ及びマズル)にはホワイト・マーキングがあり、それは途切れることなく喉から胸にまで降りている。また、ホワイト・マーキングは足及び尾の先にもある。ブレーズと目の上のタン・マーキングの間には黒い被毛の部分が残っていなければならない。頸のホワイトのパッチまたは頸周りのホワイト・カラーは許容される。

サイズ

体高
牡:65〜72 cm
牝:60〜68 cm


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます