このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : プレサ・カナリオ - PRESA CANARIO)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : プレサ・カナリオ - PRESA CANARIO)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : プレサ・カナリオ - PRESA CANARIO

世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : プレサ・カナリオ - PRESA CANARIO

ぷれさ・かなりお

プレサ・カナリオ - PRESA CANARIO

ブレサ・カナリオ - PRESA CANARIO

原産地

スペイン

用途

畜牛を守るための番犬。

沿革

モロシアン・タイプの犬で、テネリフェ島及びカナリア島が発祥地である。これらの島々の古代からの土着犬である「majorero」とカナリア島に持ち込まれた他のモロシアン犬種間との交配結果であるとされている。
このような交配により適度に大きなサイズで、ブリンドルまたはマーキングを伴うフォーンで、モロシアンタイプでありながら、鋭敏で力強く、強い気質を持ち、頑丈、活発で、忠誠心があるものが生み出された。
16世紀及び17世紀に、それらの犬の頭数は飛躍的に増加し、ノルマン征服以前の歴史書、特に「Cedularios del Cabildo」(国内記録簿)の中で多く言及されている。そこには畜牛を守る番犬としての任務が説明されている。

一般外貌

適度に大きなサイズのモロシアンタイプで、直線的な外貌とブラック・マスクを持つ。頑丈で、均整が良く取れている。

習性/性格

落ち着いており、注意深い表情をしている。特に番犬として適しており、伝統的には畜牛を集めるために使用されていた。 バランスの取れた気質であり、自信にあふれている。吼え声は低く、太い。家族に対しては従順で大人しく、主人に対しては非常に尽くすが、他人に対しては疑い深いところがある。自信ある態度で、堂々としており、若干よそよそしい。警戒している際の姿勢は緊張感を持ち、凛としている。

毛色

ウォーム・ダーク・ブラウンからペール・グレーまたはブロンドまでのあらゆるシェードのブリンドル。フォーンからサンディーまでのあらゆるシェード。胸、頸の根元または喉、前足及び後足の指趾のホワイト・マークは許容されるが、最小限にとどまるべきである。マスクは常にブラックであるが、目の高さより上に広がるべきではない。

サイズ

体高
牡:60〜66 cm
牝:56〜62 cm
非常に良いタイプであれば、上下2cmは許容される。

体重
牡:50〜65kg
牝:40〜55kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます