このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ひ : ピレニアン・シープドッグ - PYRENEAN SHEEPDOG)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ひ : ピレニアン・シープドッグ - PYRENEAN SHEEPDOG)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ひ : ピレニアン・シープドッグ - PYRENEAN SHEEPDOG

世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ひ : ピレニアン・シープドッグ - PYRENEAN SHEEPDOG

ぴれにあん・しーぷどっぐ

ピレニアン・シープドッグ - PYRENEAN SHEEPDOG

ピレニアン・シープドッグ

原産地

フランス

用途

牧羊犬

沿革

この犬種は、20世紀初頭まで犬界に知られていなかったため、その起源は定かでない。ピレネーの谷々に様々なタイプの犬がおり、サイズや被毛に大きな違いがあったが、習性や性格は同じであった。1921年から1925年の間に最初の公式なスタンダードはBernard Sénac-Lagrange氏によって作り上げられた。最初の修正は氏の任期中に行われ、その後はCharles Duconte氏及びGuy Mansencal氏によって行われ、2001年以降はレイモンド・トリケ氏と密に協力しAlain Pécoult氏が行っている。

一般外貌

小さな体躯から大きな活力が生み出される。常に警戒心があり、抜かりなく用心深い様子に加えて、動作がたいへん活発であることが、この犬種の特徴を比類ないものにしている。

習性/性格

小型の犬で、勇敢で、機敏で、率先して行動する能力があり、主人に対してはたいへん忠実である。自発的な決断力があり、またこの犬種の活力を良い方向に導き、賢さと活発さから最良のものを引き出すためには、通常適度な威厳を持って接することが必要である。他人に対しては、しばしば警戒心を抱く。

毛色

フォーンには様々な濃さがあり、ブラックのオーバーレイがあったり、時には前胸と脚に少しホワイトが入ることがあったりする。グレーには様々な濃さがあり、しばしば頭部、前胸、脚にホワイトが入る。ブルーの地にブラックの斑が散ったもの(ハールクインもしくはスレート・グレー)。またブリンドル、ブラックもしくはブラックにホワイトの斑もある(斑は多くない)。単色が好ましい。

サイズ

体高 牡:42〜48cm 牝:40〜46cm
完全なタイプである場合、±2cmは許される。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます