このページ(世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : す : スパニッシュ・グレーハウンド - SPANISH GREYHOUND)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : す : スパニッシュ・グレーハウンド - SPANISH GREYHOUND)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : す : スパニッシュ・グレーハウンド - SPANISH GREYHOUND

世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : す : スパニッシュ・グレーハウンド - SPANISH GREYHOUND

すぱにっしゅ・ぐれーはうんど

スパニッシュ・グレーハウンド - SPANISH GREYHOUND

スパニッシュ・グレーハウンド

原産地

スペイン

用途

ノウサギ猟用の犬で、目で獲物を追って、すごいスピードで追いかける。うさぎやキツネ、イノシシなどの毛皮用の獲物も捕らえることができ、かつてはこれらの猟にも用いられていたが、この犬種の原始的な用途は、昔も今もノウサギ猟である。

沿革

古代アジアン・グレーハウンドの子孫であるこの犬種はローマ人に知られるより以前にイベリア半島に存在していた。この犬種の多くが、16世紀以降、アイルランドやイギリスに輸出され、イングリッシュ・グレーハウンドの祖先の一つとなった。古い書籍に引用されている「逃げるノウサギは、すぐにグレーハウンドに追いつかれる」は、この犬種の主要且つ古代からの機能をよく言い表している。

一般外貌

よいサイズのグレーハウンドで、背のラインはやや盛り上がっており、やや長く、長頭である。骨格構成はコンパクトで、頭部は長く、幅は狭い。胸郭の容積は十分広く、腹はよく巻き上がり、尾はたいへん長い。後肢はよいアンギュレーションで、筋肉質である。被毛は細い短毛と、堅いセミ・ロングがある。

習性/性格

沈着で、控えめである。しかし、狩猟の際には、エネルギッシュで、活発である。

毛色

全ての毛色が許容される。下記に最も典型的な毛色を、好ましい順にあげる。
・フォーンや様々な色調の暗色のブリンドルで、色素が濃いもの。
・ブラック。
・ブラックの様々な色調の斑のあるもの。
・燃えるようなチェスナッツ色のもの。
・シナモン。
・イエロー。
・レッド。
・ホワイト。
・ホワイトのマーキングのあるものや、パイドのもの。

サイズ

体高 牡:62〜70cm 牝:60〜68cm
素晴らしいプロポーションの個体に限り上下2cm程のオーバーとアンダーは容認される。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます