このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : こ : コーイケルホンディエ - KOOIKERHONDJE)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : こ : コーイケルホンディエ - KOOIKERHONDJE)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : こ : コーイケルホンディエ - KOOIKERHONDJE

世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : こ : コーイケルホンディエ - KOOIKERHONDJE

こーいけるほんでぃえ

コーイケルホンディエ - KOOIKERHONDJE

コーイケルホンディエ

原産地

オランダ

用途

鴨をおびき寄せる猟犬。伴侶犬。

沿革

1942年第2次世界大戦のさなか、Van Hardenbroek van Ammerstol男爵夫人がコーイケルホンディエの再興を始めた。男爵夫人は自身が探している犬のタイプの写真を行商人に渡し、そのような犬を探すよう依頼した。行商人はフリースラント州の農場で、現在はトミーとしてよく知られている牝犬を見つけた。その牝犬が後にコーイケルホンディエを創りあげた牝犬となった。1966年にオランダKCはこの犬種を暫定公認し、1971年に正式に公認した。
コーイケルホンディエは未だに鴨をおびき寄せるために用いられている。その任務は派手な尾を振りながら鴨を囮へおびき寄せることであるが、自分で鴨を狩ることはない。この犬種は鴨の好奇心を煽り、鴨がトラップに捕獲されるよう囮までおびき寄せる。それらの鴨は食されるために殺されるか、鳥類学の研究のために使用される。

一般外貌

コーイケルホンディエは調和のとれた、オレンジレッド・パーティーカラーの、ほぼスクエアなボディをしている小型のスポーティング・ドッグである。歩様時には頭部を高く掲げ、活動中には豊富な飾り毛がある尾をトップラインと水平、または上に掲げる。耳先に見られるブラックの毛はイヤリングと呼ばれる。トリミングはせず、自然なままでプレゼンテーションされる。

習性/性格

陽気で機敏、自信に溢れ、十分な忍耐力やスタミナもある。気立てがよく、用心深いが、うるさくはない。この犬種は忠実で、おおらかで、友好的である。
狩猟期以外では、害獣を見つけ殺すことが見込まれるため、鋭敏で、敏速、且つタフであることが必要とされる。真のスポーティング・ドッグで、注意深く、活動的、作業に対し熱心で、明るい性格である。

毛色

ホワイトの地色に、鮮明なオレンジレッドの明瞭な斑がある。肢にあるほんの少しの小さなスポットは許容される。オレンジレッドが優勢でなければならない。オレンジレッドにブラックの毛が幾分混じったもの、及びティッキングが僅かに見られるものは許容されるが、あまり望ましくない。
頭部の毛色:明確なブレーズが鼻まで入っている。頬と目の周りに色がなければならない。ブレーズの幅が狭すぎたり、広すぎたり、頬に部分的にしか色がないものはあまり望ましくない。オレンジレッドからホワイトに毛色が変わっている箇所のブラックのテイル・リングは許容される。

サイズ

体高 理想的な体高 牡:40cm 牝:38cm
    +2cm或いは−3cmまで許容される。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます