このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フィールド・スパニエル - FIELD SPANIEL)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フィールド・スパニエル - FIELD SPANIEL)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フィールド・スパニエル - FIELD SPANIEL

世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フィールド・スパニエル - FIELD SPANIEL

ふぃーるど・すぱにえる

フィールド・スパニエル - FIELD SPANIEL

フィールド・スパニエル

原産地

イギリス

用途

フラッシング・ドッグ及びレトリーバー・ドッグ。鳥猟犬や郊外居住者の家庭犬として理想的である。都市には適さない。

沿革

最も古いランド・スパニエル種で、スパニエルの典型である。
ひところ、全ての狩猟スパニエルの一族をフィールド・スパニエルと呼んでいた。野猟の作業をよくこなすスパニエルで、1892年以降は体重11圓魘に2つに分けられ、大きい方をフィールド・スパニエル、小さい方をスモール・フィールドと呼び、後者はコッカー・スパニエルの前身である。サセックス・スパニエルの血を繰り返し使用し、19世紀後半に、より長く丈の低い体形が出現してショー・リングで一時人気を博した。20世紀に入る頃には太り過ぎ、長すぎ、猟野で役に立つとは到底思えないほど脚が短かった。1930年代と第2次世界大戦中には劇的に衰退し、1960年を迎えるまでには殆ど絶滅寸前となり、現在の全てのフィールド・スパニエルがたった4頭の犬の直系の子孫ばかりになるほどであった。しかし熱烈な支持者の努力により、1995年の英国クラフト展では100頭の出陳を見るまでに復活した。

一般外貌

均整が取れ、気品があり、すらりとした鳥猟用のスパニエルである。活動的で耐久力のある体躯構成である。

習性/性格

たいへん従順で、活発、敏感で、自立心が強い。

毛色

ブラック、レバー、ローン、及び、そのいずれかにタン・マーキングが入っているもの。単色の犬については、胸にホワイト又はローンが入っていても許容される。クリアブラックや、レバーで胸以外にホワイトが入っているものは許容されない。

サイズ

体高 約45.7cmである。

体重 18〜25kgである。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます