このページ(世界の犬 : 7G ポインター・セター : ら : ラージ・ミュンスターレンダー - LARGE MUNSTERLANDER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 7G ポインター・セター : ら : ラージ・ミュンスターレンダー - LARGE MUNSTERLANDER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 7G ポインター・セター : ら : ラージ・ミュンスターレンダー - LARGE MUNSTERLANDER

世界の犬 : 7G ポインター・セター : ら : ラージ・ミュンスターレンダー - LARGE MUNSTERLANDER

らーじ・みゅんすたーれんだー

ラージ・ミュンスターレンダー - LARGE MUNSTERLANDER

ラージ・ミュンスターレンダー

原産地

ドイツ

用途

多才で、多目的に役立つ鳥猟犬である。射撃後の作業で力を発揮する。

沿革

ラージ・ミュンスターレンダーの歴史的発展は中世のホワイト&パーティ・カラーの鳥獣猟犬及び鷹狩の猟犬にはじまり、狩猟犬及びスパニエルを経て19世紀のポインターにいたる。ラージ・ミュンスターレンダーはスモール・ミュンスターレンダー及びドイツ・ラングハール(ジャーマン・ロングヘアー)と同様にロングヘアード・ジャーマン・ポインティング・ドッグ系に属し、19世紀末より計画的繁殖が開始された。
「ジャーマン・ロングヘアー・クラブ」が1909年の繁殖からブラックを排除することに決定すると、「ブラック・アンド・ホワイト・ミュンスターレンダー・ポインターの純血繁殖のクラブ」(1919年創立)はブラック・アンド・ホワイト・ロングヘアーの繁殖を引き継いだ。
特に、西ミュンスターランド及び南部ザクセン地方から本来のロングヘアーの特徴を保持している犬をファンデーションリストに加えたのち、1922年にラージ・ミュンスターレンダーの計画的繁殖を開始した。ファンデーションリストには83頭が含まれていた。最初のリストに掲載された犬たちの子孫がラージ・ミュンスターレンダーのスタッドブックに登録された。

一般外貌

力強く、筋骨逞しいボディを有するが、背が高くほっそりした印象を受ける。高貴な表情である。すっきりしたアウトラインをもつ。

習性/性格

最も重要な性質は従順であり、訓練しやすく、狩猟犬として特に射撃後に信頼できることである。神経質ではなく、活発な性格である。

毛色

ブラックの斑又はブルー・ローンを持ったホワイト。頭部はブラックで、わずかなホワイト及びブレーズは容認される。

サイズ

理想体高 牡:60〜65cm 牝:58〜63cm

体重 約30kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます