このページ(世界の犬 : 7G ポインター・セター : こ : ゴードン・セター - GORDON SETTER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 7G ポインター・セター : こ : ゴードン・セター - GORDON SETTER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 7G ポインター・セター : こ : ゴードン・セター - GORDON SETTER

世界の犬 : 7G ポインター・セター : こ : ゴードン・セター - GORDON SETTER

ごーどん・せたー

ゴードン・セター - GORDON SETTER

ゴードン・セター

原産地

イギリス

用途

鳥猟犬

沿革

セターの中では最も新しく公認された犬種だが、その祖先は1815年から1620年までさかのぼることができると言われている。スコットランドのゴードン城の領主で狩猟家としても有名だったアレキサンダー大公(ゴードン公爵)が、1820年ごろ羊飼いの牝犬で嗅覚の発達した犬の性能を保存しようとしてスコッチ・コリーの血を加えたとも、ブラッドハウンドやトライカラーのコリーと混血させ作出したとも言われている。スコットランド唯一のガンドッグであり、セターの中では一番大きく耐久力に富んでいる。
公爵の名がそのまま犬種名になった。

一般外貌

スタイリッシュな犬で、ギャロップが容易である。重量感のある狩猟犬の体躯構成をしている。体躯構成は全体的に均整がとれている。

習性/性格

利口、且つ、有能で、高貴な犬である。又、勇敢で、外向的で、むらのない優しい気質である。

毛色

濃く、輝きのある、色褪せてさび色になることのないコール・ブラックで、チェスナッツ・レッドのマーキング、すなわち、光沢のあるタンがある。指趾にあるブラック・ペンシルや、顎の下のブラックの筋は許容される。タン・マーキングに関しては、目の上の斑は直径2cmを越えてはならず、マズルの両面のタンは鼻の付け根より上まで達してはならない。マズルのタンの終わりまで筋が入っている。又、喉にもタンがあり、胸には2つの大きな明瞭な斑がある。その他、後脚の内側及び、大腿の内側、スタイフル (膝)の前側から下へ外側に広がっており、また飛節から指趾にかけて広がっている。前脚に関しては、肘の裏側までと、前面はパスターン・ジョイントやその少し上にかけてタンが入っている。肛門の周囲にもタンがある。又、胸にあるごく小さなホワイトの斑は許容される。それ以外の色は許容されない。

サイズ

体高 牡:66cm 牝:62cm

体重 牡:29.5kg 牝:25.5kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます