このページ(世界の犬 : 6G 嗅覚ハウンド : ふ : ブラック・アンド・タン・クーンハウンド - BLACK AND TAN COONHOUND)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 6G 嗅覚ハウンド : ふ : ブラック・アンド・タン・クーンハウンド - BLACK AND TAN COONHOUND)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 6G 嗅覚ハウンド : ふ : ブラック・アンド・タン・クーンハウンド - BLACK AND TAN COONHOUND

世界の犬 : 6G 嗅覚ハウンド : ふ : ブラック・アンド・タン・クーンハウンド - BLACK AND TAN COONHOUND

ぶらっく・あんど・たん・くーんはうんど

ブラック・アンド・タン・クーンハウンド - BLACK AND TAN COONHOUND

ブラック・アンド・タン・クーンハウンド

原産地

アメリカ合衆国

用途

獣猟犬

沿革

11世紀頃、英国で知られていた、タルボット・ハウンドを祖先に、アメリカで改良作出した犬種で、1945年公認された。犬種名の由来は、ブラック・アンド・タンは毛色で、クーンとはアライグマのことである。ピューマ(アメリカ・ライオン)猟にも用いられ現在に至っている。

一般外貌

ブラック・アンド・タン・クーンハウンドは、基本的に獲物の臭跡を辿り、木にまで追い上げるハウンドである。冬の厳しさや夏の暑さ、複雑な地形での猟にも耐えることができる。主に、アライグマ狩りに用いられ、獲物を臭覚のみに頼って追う。その特徴と勇気故に、鹿や熊、マウンテンライオン、その他の大きな獲物の猟にも長けている。審査員はこの犬種を審査する時は、以上の事実に重点を置いて審査しなければならない。全体的印象としては力強く、敏捷で、注意深い。この犬種の力強く、リズミカルな、歩幅の広い歩様には、誰でも感銘を受けるであろう。猟犬としては、適度な骨量と適度な筋肉がなければならず、牡の方が牝よりも骨量豊かで、筋肉も発達している。

習性/性格

安定した気質で、外向的且つ友好的である。ワーキング・セント・ハウンドとして、他のハウンドとも協力して作業することが求められる。控えめのものもいるかもしれないが、シャイであったり、狂暴であってはならない。人や他の犬に対する攻撃性は最も好ましくない。

毛色

名称が意味する通り、毛色はコール・ブラックで、目の上と、マズルの側面、胸、脚、ブリーチに濃いタンのマーキングがあり、指趾にはブラックのペンシル・マークがある。

サイズ

体高 牡:63.5〜68.5cm 牝:58〜63.5cm
全体的に健全で、バランスがよければ、オーバーサイズの犬でも欠点とはされない。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます