このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : す : スムース・コリー - SMOOTH COLLIE)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : す : スムース・コリー - SMOOTH COLLIE)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : す : スムース・コリー - SMOOTH COLLIE

世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : す : スムース・コリー - SMOOTH COLLIE

すむーす・こりー

スムース・コリー - SMOOTH COLLIE

スムース・コリー

原産地

イギリス

用途

牧羊犬

沿革

ラフ・コリーとスムース・コリーは発生初期から同一犬種と思われてきた。ある時期ラフとの交配が奨励され、その結果タイプに共通点が生じた。初期のスムースは牛飼いや家畜商の犬として、ラフ・コリーには似ておらず、初期のスムース・コリーの絵は、体高も低く、頭部も重たげで、かなりずんぐりしていた。ドッグ・ショーで人気が出始めると、ブリーダーの中にはラフ・コリーと交配し、スムース・コリーをよりエレガントにすることによってショー・リングで勝とうと思った人たちがいたので、何年もの間、ラフとスムースは被毛以外に大きな違いがなくなるまで交配を繰り返した。今日のスムースの耳はラフより耳根が広く、より大きく、パスターンは相当柔軟であることが求められる。しかし他の点では、この犬種に要求されることはラフの従兄弟と似たりよったりである。

一般外貌

聡明さと敏捷さ、活動力が感じられる外貌である。解剖学上完璧な体躯構成をしており、品位がある。プロポーションのバランスが取れ、作業能力を備えた外貌である。

習性/性格

陽気で、友好的で、シャイでも、攻撃的でもない。

毛色

3色が認められている:セーブル・アンド・ホワイト、トライカラー及びブルーマール。

セーブル
ライト・ゴールドからリッチ・マホガニー、あるいはシェ−デッド・セーブルまでの様々な色合い。ライト・ストローもしくはクリームはたいへん好ましくない。

トライカラー
主色はブラックで、脚及び頭部にリッチ・タンの斑をもつ。上毛に錆色がかったものは好ましくない。

ブルーマール
ブラックが散って混じっているはっきりとしたシルバー・ブルーが主なもの。リッチ・タンのマーキングが好ましいが、なくともペナルティーは課せられない。上毛及び下毛に大きなブラックの斑、スレート色、及び錆色がかったものはきわめて好ましくない。

白斑
以上の毛色はすべて、大小を問わず典型的な白いコリーの斑を有する。以下の白斑は好ましい。頸部のホワイト・カラーのフル・カラーと一部のカラー。前胸。脚や足。尾の先端。ブレーズはマズルあるいはスカル及びその両方にあってもよい。体の全体がホワイトであるものや、ホワイトが優勢なものはたいへん好ましくない。

サイズ

肩部での体高 牡:56〜61cm 牝:51〜56cm

体高 牡:20.5〜29.5kg 牝:18.0〜25.0kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます