このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ふ : ファラオ・ハウンド - PHARAOH HOUND)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ふ : ファラオ・ハウンド - PHARAOH HOUND)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ふ : ファラオ・ハウンド - PHARAOH HOUND

世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : ふ : ファラオ・ハウンド - PHARAOH HOUND

ふぁらお・はうんど

ファラオ・ハウンド - PHARAOH HOUND

ファラオ・ハウンド

原産地

マルタ

用途

警戒心に富んだ鋭敏な猟犬で、嗅覚と視覚を使って狩猟する。獲物に近づくとき、耳を最大限に利用する。

沿革

紀元前3000年頃の古代エジプトでガゼルの狩猟犬として活躍していて、フェニキア商人によってエジプトからマルタ島に連れて来られたといわれている。マルタ島では兎狩りに使われ、猟性能に最も優れた犬だけが繁殖に携わってきて、1979年にはマルタ共和国の国犬に指定された。 1930年代にイギリスに渡り、世界の犬界に知られるようになったが、ショーにデビューしたのは1963年であった。

一般外貌

すっきりとした輪郭で、高貴なふるまいの中型犬。優雅ではあるが、力強さを感じる。たいへん敏捷で、自由で軽快な動きをし、注意深い表情をしている。

習性/性格

機敏で、利口で、友好的、愛情深く、遊び好き。

毛色

タンまたはリッチタン。下記の場所にある白い斑は認められる。尾の先が白いのは大変好ましい。胸にある白い斑(「スター」と呼ばれる)、指趾の白い部分、顔の中央の細く白いブレーズは許容される。上記以外の斑点、又は白い部分は好ましくない。

サイズ

理想体高 牡:56cm(56〜63.5cm) 牝:53cm(53〜61cm)


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます