このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : へ : ペルービアン・ヘアレス・ドッグ - PERUVIAN HAIRLESS DOG)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : へ : ペルービアン・ヘアレス・ドッグ - PERUVIAN HAIRLESS DOG)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : へ : ペルービアン・ヘアレス・ドッグ - PERUVIAN HAIRLESS DOG

世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : へ : ペルービアン・ヘアレス・ドッグ - PERUVIAN HAIRLESS DOG

ぺるーびあん・へあれす・どっぐ

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ - PERUVIAN HAIRLESS DOG

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

原産地

ペルー

用途

コンパニオン・ドッグ

沿革

ある専門家によれば、この犬は中国人が移住してきた時期、すなわちペルーでドン・ラモン・カスティージャ大統領が黒人奴隷制廃止の法を施行した直後に同国に持ち込まれたと言われている。一方、アフリカ大陸に居た、ヘアレス・ドッグを伴ってアメリカ大陸に渡った遊牧民がペルーにもたらしたと推測する研究者もいる。この他には、人間と犬がベーリング海峡を渡ってアジアからアメリカへ移住したことと関係があるとする説もある。
しかしながら、これらとは無関係に、様々な前インカ文明(ビクス、モチカ、チャンカイ、ティアワナコイドの影響を受けたチャンカイ、及びチムー)の陶器に見られる描写等の確かな証拠もある。多くの場合、ヘアレス・ドッグはピューマ、ヘビ、ハヤブサの代わりに描かれており、これは特にチャンカイ文化において際立っている。これらの陶器から判断する限り、ヘアレス・ドッグは前インカ時代の紀元前300年から紀元後1460年の間に現れたと言える。

一般外貌

全体的な体躯構成は優雅で、ほっそりしており、スピード感と力強さを感じさせ、調和が取れ、粗野な面はない。本犬種の基本的な特徴は、ボディ全体の被毛がないことである。もう一つの顕著な特徴は、ほとんどの場合、歯列が不完全であることである。気品高く、家族に対しては愛情豊かだが、他人に対しては控えめである。快活で、警戒心に富み、良い番犬となる。

習性/性格

気品高く、家族に対しては愛情豊かで、同時に、快活で、警戒心に富み、他人に対しては慎重で、良い番犬となる。

毛色

毛色は皮膚の黒い犬に関してはブラック、スレート・ブラック、エレファント・ブラック、ブルーイッシュ・ブラック、あらゆる色調のグレー、ダーク・ブラウンから明るいブロンドまで様々である。これら全ての色は単色であるか、或いは、ボディのどの部分にピンク色の斑があってもよい。

サイズ

体高 牡と牝で3つのサイズがある。
小型:25cmから40cm
中型:40cmから50cm
大型:50cmから65cm

体重 牡と牝のサイズに比例している。
小型:4kgから8kg
中型:8kgから12kg
大型:12kgから25kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます