このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : し : ジャーマン・スピッツ・ミッテル - GERMAN SPITZ MITTEL)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : し : ジャーマン・スピッツ・ミッテル - GERMAN SPITZ MITTEL)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : し : ジャーマン・スピッツ・ミッテル - GERMAN SPITZ MITTEL

世界の犬 : 5G 原始的な犬・スピッツ : し : ジャーマン・スピッツ・ミッテル - GERMAN SPITZ MITTEL

じゃーまん・すぴっつ・みってる

ジャーマン・スピッツ・ミッテル - GERMAN SPITZ MITTEL

ジャーマン・スピッツ・ミッテル

原産地

ドイツ

用途

番犬及び家庭犬

沿革

ジャーマン・スピッツは石器時代の「泥炭犬(トルフフント)」、「Canis familiaris palustris Ruthimeyer」の子孫である。後に湖畔居住者(Pfahlbau)のスピッツと呼ばれ、中部ヨーロッパにおいて最古の犬種である。数多くの純血犬種がこの犬から作出されてきた。
ウルフスピッツはキースホンドとも呼ばれ、大型のものはジャーマン・スピッツ・グロース、小型のものはジャーマン・スピッツ・クライン、トイ・スピッツはポメラニアンとも呼ばれている。

一般外貌

スピッツ犬種は豊富な下毛によって生ずる美しい被毛により人を魅了する。特に頸のまわりの豊かでたてがみのようなカラー(ラフ)や背上に堂々と保持した豊富な被毛で覆われた尾は印象的である。用心深い目をもつ狐のような頭部と、小さく尖った耳がスピッツ独特の特徴で快活な外観を与える。

習性/性格

常に注意深く、活発で主人に対しての忠誠心がたいへん強い。大変物覚えが良いので訓練しやすい。他人に対しては不信感が強く、家庭や農場の番犬に向いている。臆病でも攻撃的でもない。天候に関わらず、頑健で長寿なことがこの犬種の卓越した特徴である。

毛色

ブラック、ブラウン、ホワイト、オレンジ、グレー、その他の色。
* ブラック:下毛と皮膚もブラックでなければならず、表面の毛も白や他の斑のない光沢のあるブラックでなければならない。
* ブラウン:全体が均一にダーク・ブラウンでなければならない。
* ホワイト:純白であり、特にしばしば耳に現れるイエローもあってはならない。
* オレンジ:全体が均一に中間色のオレンジでなければならない。
* グレー:先端が黒いシルバーグレーである。マズル及び耳はダークである。目ははっきりとした「スペクタクルズ(めがね)」によって囲まれている。目尻から耳の付け根まで鉛筆で繊細に描いたようなブラックのラインと、明瞭なマーキングとシェードによって形成される表情豊かな短い眉が相まって「スペクタクルズ」を形成する。メーンと肩のリングの色は薄い。前後肢には肘から下または膝から下に黒い斑が見られることはなく、指趾にわずかな線が見られるだけである。尾の先端は黒い。尾の下側及び大腿部は薄いシルバーグレーである。
* 他の色:「他の色」にはクリーム、クリーム・セーブル、オレンジ・セーブル、ブラック・アンド・タン及びパーティ・カラー(常にホワイトが主色である)の全ての色調が含まれる。ブラック、ブラウン、グレーまたはオレンジの斑がボディ全体に分散していなければならない。

サイズ

体高 34cm±4cm

体重 サイズに相応しい体重でなければならない。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます