このページ(世界の犬 : 3G テリア : わ・ん : ワイアー・フォックス・テリア - WIRE FOX TERRIER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 3G テリア : わ・ん : ワイアー・フォックス・テリア - WIRE FOX TERRIER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 3G テリア : わ・ん : ワイアー・フォックス・テリア - WIRE FOX TERRIER

世界の犬 : 3G テリア : わ・ん : ワイアー・フォックス・テリア - WIRE FOX TERRIER

わいやー・ふぉっくす・てりあ

ワイアー・フォックス・テリア - WIRE FOX TERRIER

ワイアー・フォックス・テリア

原産地

イギリス

用途

テリア

沿革

非常に古い犬種と思われるが、その起源や沿革は不明である。貴族のスポーツとして愛好された狐狩りに使用され、フォックス・テリアと呼ばれるようになったのは18世紀頃らしい。古い時代の毛色は狐色だったといわれ、フォックス・ハウンドが狐を追い、フォックス・テリアを岩場や巣穴で使用したが、毛色が狐と似ていることからしばしばフォックス・テリアを射殺することがあった。また、ハウンドの役目もこなせるようなテリアが求められ、ハウンドが配されて三色毛のスムースが誕生し、さらに他のテリアと混血されワイアーとなった。1862年バーミンガムのショーに出陳されたが、この時の犬はスムース・タイプのフォックス・テリアだったといわれている。1876年クラブが設立された後改良がいちじるしく進み、20世紀に入り世界的な人気犬種になった。

一般外貌

活動的で、活き活きしており、小さな体にしっかりした骨量と力を備えており、クロッディで、粗野でもない。体躯構成は完璧なバランスが取れており、特にこれは、スカルとマズルに当てはまり、同様に体高と体長はほぼ等しい。立っている時は短背のハンターのようであるが、活動時はグランド・カバリングに富む。

習性/性格

注意深く、動きが敏捷で、表情が鋭く、何か起きないかと常に期待しており、ささいな事にでも反応する。友好的且つ積極的で、怖いもの知らずである。

毛色

ホワイトが優勢で、それにブラックやブラック&タン、タンのマーキングがある。ブリンドルやレッド、レバー、スレート・ブルーのマーキングは好ましくない。

サイズ

牡の体高は39cmを越えず、牝はそれより僅かに低い。
ショー・コンディションでの理想的な体重は牡が8.25kg、牝はそれより僅かに軽い。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます