このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ふ : ブービエ・デ・フランダース - BOUVIER DES FLANDRES)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ふ : ブービエ・デ・フランダース - BOUVIER DES FLANDRES)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ふ : ブービエ・デ・フランダース - BOUVIER DES FLANDRES

世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ふ : ブービエ・デ・フランダース - BOUVIER DES FLANDRES

ぶーびえ・で・ふらんだーす

ブービエ・デ・フランダース - BOUVIER DES FLANDRES

ブービエ・デ・フランダース

原産地

ベルギー/フランス

用途

ブービエ・デ・フランダースは元来、牧畜犬、運搬犬としてまたバター製造の攪乳器を動かす為に使用されていた。農業用具が発達したことでこれらの用途はな くなり、今日では主に大農場や農園における番犬として、また防衛及び警察犬として使用されている。この犬種の体躯及び行動面の適性、鋭い嗅覚、決断力、及 び頭の良さから追跡、連絡並びに猟区を監視する犬として用いられる。

沿革

ブービエ・デ・フランダースの名が示す通り、ベルギー及びフランスにまたがるフランドル地方原産であり、この2つの地域を分ける自然の境界線はない。フラ ンドルの牛飼いたちは、家畜の群れを誘導するすぐれた犬を持ちたいという気持ちがあり、選択繁殖にあたっては、行動能力や肉体的クオリティーだけを考えて いた。そのようなクオリティーが現在のブービエ・デ・フランダースに受け継がれている。

一般外貌

全体的に、各部位が長いというより、いくぶん広く厚みのあるタイプである。ボディは短くずんぐりとし、四肢は強く筋肉が発達している。力強い印象を与えるが、重たい感じはない。

習性/性格

ブービエ・デ・フランダースは穏やかで、大胆かつ思慮分別がある。その眼差しには輝きがあり、知性、活力、勇気がうかがえる。
作業に対する適性を持っていることが絶対的な条件である。

毛色

一般にグレーでしばしばグレー・ブリンドル、又はグレーにブラック・オーバーレイである。ブラックの単色の被毛も認められるが、特別に優位ではない。色褪せた明るい色の被毛は認められない。胸の小白斑は許される。

サイズ

体高
牡:62〜68cm 牝:59〜65cm 上下各1cmまで許容される。
牡、牝とも理想的な体高は上記に示した中間値である。
すなわち、牡:65cm 牝:62cm

体重 牡:約35〜約40kg 牝:約27〜約35kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます