このページ(世界の犬 : 3G テリア : の : ノーリッチ・テリア - NORWICH TERRIER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 3G テリア : の : ノーリッチ・テリア - NORWICH TERRIER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 3G テリア : の : ノーリッチ・テリア - NORWICH TERRIER

世界の犬 : 3G テリア : の : ノーリッチ・テリア - NORWICH TERRIER

のーりっち・てりあ

ノーリッチ・テリア - NORWICH TERRIER

ノーリッチ・テリア

原産地

イギリス

用途

テリア

沿革

ノーリッチ及びノーフォーク・テリアの犬種名は国及び都市に由来しているが、1800年代前半から半ばに遡ると、それらの犬種は一般的に単なるファーム・ドッグであり、区別されていなかった。グレン・オブ・イマール、レッド・ケアン・テリア及びダンディ・ディモントがそれらイースト・アングリアン・テリアの背景にある犬種の一部であり、その結果、レッドの子孫が現在のノーリッチ及びノーフォーク・テリアに現れている。健全で、狐やアナグマだけでなく、ネズミに対しても使用されたコンパクトなボディをしている典型的な短足のテリアである。陽気で、恐れを知らないが、けんかをしかけたりはしない。作業犬としては地中にいる獰猛な敵に屈せず、この犬種のスタンダードで「名誉の傷跡」は許容されていることが、この犬種のタイプをよく示している。ノーリッチ・テリアは1932に英国KCに犬種登録され、当時は垂れ耳のノーリッチ・テリア(現在ではノーフォーク・テリアとして知られている)、及び立ち耳のノーリッチ・テリアとして知られている。それらの犬種は1964年に分割され、垂れ耳のバラエティーにはノーフォーク・テリアという犬種名が与えられた。

一般外貌

最小テリア犬種の一つである。小さく、地低く、機敏であり、コンパクトで頑丈な体つきで、良質のサブスタンス及び骨を持つ。名誉の傷跡はペナルティを課さない。

習性/性格

愛らしい性格で、けんか好きではなく、頑丈な体格で極めて活発である。陽気で、恐れを知らない。

毛色

レッド、ウィートン、ブラック&タン、又はグリズルの色調。白の斑は望ましくない。

サイズ

理想的な体高は25cmである。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます