このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : へ : ベルジアン・シェパード・ドッグ - BELGIAN SHEPHERD DOG)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : へ : ベルジアン・シェパード・ドッグ - BELGIAN SHEPHERD DOG)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : へ : ベルジアン・シェパード・ドッグ - BELGIAN SHEPHERD DOG

世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : へ : ベルジアン・シェパード・ドッグ - BELGIAN SHEPHERD DOG

べるじあん・しぇぱーど・どっぐ

ベルジアン・シェパード・ドッグ - BELGIAN SHEPHERD DOG

グローネンダール
グローネンダール

タービュレン
タービュレン

マリノア
マリノア

ラケノア
ラケノア

原産地

ベルギー

用途

元来シープドッグであるが、家庭犬のみでなく、今日はワーキング・ドッグ(護衛、防衛等)並びにあらゆる目的に用いられるサービス・ドッグとして用いられている。

沿革

ベルギーでは、1800年代の終わり頃、タイプも様々で、被毛が極めて異なる牧羊犬群が存在した。この状況を改善するため、何名かの熱心な愛犬家がグルー プを形成し、Cureghem獣医学校のA・Reul博士から指導を求めた。彼はこの犬種の真の開拓者且つ設立者と目されている人物である。
この犬種は1891年から1897年の間に正式に確立された。1891年9月29日、ブリュッセルにベルジアン・シェパード・ドッグ・クラブが設立され た。同年11月15日には、A・Reul博士はCureghem獣医学校に117頭の犬を集めたので調査と繁殖が可能になった。翌年には、実際に繁殖のプ ログラムを開始し、何頭かの種牡を用いて非常に近い血筋同士の交配を行った。1892年4月3日には、ベルジアン・シェパード・ドッグ・クラブにより最初 の詳しいブリード・スタンダードが作成された。3つの被毛のバラエティーを有する1犬種が認められた。しかしながら、その頃言われていたようにベルジア ン・シェパードはまだ一般庶民にしか知られていなかったので、地位を確立することはできなかった。
結果として、1901年になるまでベルジアン・シェパードはベルギーKCのスタッド・ブックに登録を許可されなかった。
翌年以降、ベルジアン・シェパードの愛好家の間で、タイプを統一させ、欠点を正すという原動力が働き出した。ベルジアン・シェパードのタイプと気質は1910年頃までに確立されたと言える。
ベルジアン・シェパード・ドッグの歴史上、認められたいくつかのバラエティーや毛色について、多くの白熱した議論が行われた。一方、形態や気質、作業への 適正については意見の相違が生じたことはない。

一般外貌

ベルジアン・シェパード・ドッグは形態的に中庸な犬で、プロポーションの調和が取れ、上品さと力強さを兼ね備え、中型で、筋肉は引き締まり、力強い。体型はスクエアで、剛健で、戸外での生活に慣れており、ベルギーの変わりやすい気候に耐えうる体をしている。
均整の取れた体型と誇らしげに掲げられた頭部により、作業犬として改良繁殖された先祖伝来の特徴であるエレガントで力強い印象を与える。ベルジアン・シェ パード・ドッグはハンドラーが肉体に触れることなく、自然な立姿で審査されるべきである。

習性/性格

ベルジアン・シェパード・ドッグは注意深く、活動的な犬である。又、活力に満ち、常に次の行動に移る用意ができている。群れを守るという生来の能力に加 え、土地や財産を守る最高の番犬としての高い質を備えている。いささかもためらうことなく、主人を頑強に熱心に護衛する。牧羊犬や護衛犬、防衛犬、サービ ス・ドッグに必要とされる質を全て兼ね備えている。活き活きとした気質や機敏さ、自信のある態度そして臆病でも凶暴でもない性格は、物腰や誇り高く注意深 い表情をたたえた目の輝きに見て取れなければならない。審査の際には、「落ち着き」と「大胆さ」を考慮する。

毛色

マスク
タービュレンとマリノアは、マスクがたいへん明瞭で、上下の唇、口角、眼瞼はブラックのマスクの傾向がある。最低限、皮膚の6箇所に色素沈着が見られるこ とが厳しく求められる。つまり、両耳、両上眼瞼、上下の唇がブラックでなければならない。

ブラック・オーバーレイ
タービュレン、マリノアはブラック・オーバーレイ(被毛の先が黒くなっている)があり、地色に陰影を与えている。この黒はあくまで「炎形の模様」として現 れるのみであって、斑やストライプ (ブリンドル)にはならない。ラケノアにおいては、ブラック・オーバーレイはあまり目立たない。

グローネンダール
ブラックの単色のみ。

タービュレン
ブラック・マスクで、フォーンにブラック・オーバーレイ、或いは、ごく淡いイエローにブラック・オーバーレイだが、フォーンにブラック・オーバーレイが好 ましい。フォーンは暖色系の強い色合いで濃くなければならず、明るい色のものや、色褪せたようなものは好ましくない。フォーン以外の毛色にブラック・オー バーレイがあるものや、理想とされる色の濃さが見られないものは良い見本とはみなされない。

マリノア
フォーンにブラック・オーバーレイで、ブラック・マスク。

ラケノア
フォーンで、僅かなブラック・オーバーレイが主にマズルと尾に見られる。

全てのバラエティー
前胸と指趾に僅かにホワイトが見られるのは許容される。

サイズ

理想体高 牡:62cm 牝:58cm (下限2cmまで。上限4cmまで。)

体重 牡:約25〜30kg 牝:約20〜25kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます