このページ(世界の犬 : 3G テリア : へ : ベドリントン・テリア - BEDLINGTON TERRIER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 3G テリア : へ : ベドリントン・テリア - BEDLINGTON TERRIER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 3G テリア : へ : ベドリントン・テリア - BEDLINGTON TERRIER

世界の犬 : 3G テリア : へ : ベドリントン・テリア - BEDLINGTON TERRIER

べどりんとん・てりあ

ベドリントン・テリア - BEDLINGTON TERRIER

ベドリントン・テリア

原産地

イギリス

用途

テリア

沿革

多くのテリアの起源がはっきり書き遺されていないように、この犬種もまた発生時の事情が不明である。
1825年にベドリントン・テリアという犬種名が与えられるまでは、ロスベリー・テリアまたはノーザンバーランド・フォックス・テリアと呼ばれていた。ノーザンバーランド州の渓谷でダンディ・ディンモント・テリアやオッター・ハウンドなどの混血で作出されたが、特に同州のベドリントン市周辺に住む炭鉱労働者たちのペットとして愛された。
ドッグショーで単独審査クラスを与えられたのは1870年で当時はトリミングがされていなかった。1877年にナショナル・ベドリントン・テリア・クラブ が創立されて以来形態的にも洗練されたものとなり、普及されるようになった。
ベドリントン・テリアが日本へ紹介されたのは1963年でその歴史は浅いが、長脚テリアとして愛好家が多い。

一般外貌

優美で、しなやかで、筋肉質であり、弱々しさや粗野な感じはない。頭部全体は洋梨或いはくさびのような形で、静止している時の表情は温厚で、優しい。

習性/性格

活発で、勇ましく、自信に満ち溢れている。運動能力に長けた利口な伴侶である。気立てが良く、愛情豊かで、品位があり、シャイだったり、神経質だったりはしない。静止しているときは温厚だが、興奮すると勇気がみなぎる。

毛色

ブルー、レバー、サンディー、ブルー&タン、レバー&タン、サンディー&タンである。色素の濃いものほど好ましい。

サイズ

体高はおおよそ41cmである。僅かな差は許容されており、牝においては41cmより僅かに低く、牡においては僅かに越えていてもよい。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます