このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ひ : ピレニアン・マスティフ - PYRENEAN MASTIFF)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ひ : ピレニアン・マスティフ - PYRENEAN MASTIFF)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : ひ : ピレニアン・マスティフ - PYRENEAN MASTIFF

世界の犬 : 2G 使役犬 : ひ : ピレニアン・マスティフ - PYRENEAN MASTIFF

ぴれにあん・ますてぃふ

ピレニアン・マスティフ - PYRENEAN MASTIFF

ピレニアン・マスティフ

原産地

スペイン

用途

護衛犬、防衛犬。ピレニアン・マスティフは以前、害獣からの防衛のために用いられ、特に狼やクマなどに対して用いられていた。この犬種はたいへん訓練を入れやすいため、今日、農園やその所有者の申し分ない護衛犬として活躍している。

沿革

ピレニアン・マスティフはスペインのアラゴンからナヴァラにかけて広がるピレネーの山奥で発展した。かつてはナヴァラ・マスティフと呼ばれていた。あわや絶滅という危機を乗り越えて近年新たな注目をあびているが、今なお稀少犬である。

一般外貌

たいへん大きな犬で、中庸なプロポーションであり、重々しい印象や、鈍い印象を与えてはならない。調和が取れ、断然力強く、筋肉質で、骨は強健である。被毛は適度に長い。

習性/性格

優しく従順で、気高く、たいへん知的である。同時に、見知らぬ人にも物怖じせず、決して逃げ出すようなことはない。他の犬に対しても気立てが良く、自分の方が力があることを知っている。戦いにおいては偉大な力を見せ、その際には何百年にも渡って狼と戦ってきたことにより得た技量を見せる。ほえ声は重々しく低い。表情は知的である。

毛色

地色はホワイトで、常に明瞭なマスクが見られる。時折、マスクと同色の、形の不規則な明瞭な斑が見られることがある。耳には常に斑が見られる。トライカラー、或いはホワイトの単色は好ましくない。マズル、尾の先端、脚の下部は常にホワイトである。マスクは明瞭でなければならない。斑はアウトラインが明瞭な方が好ましい。被毛の付け根は明るいほど好ましく、ホワイトが理想である。最も理想的な色は好ましい順に、ピュア・ホワイトかスノー・ホワイトに適度なグレーの斑があるもの、はっきりとしたゴールデン・イエローの斑のあるもの、ブラウンの斑のあるもの、ブラックの斑のあるもの、サンディーの斑の入っているもの、マーブルの斑の入っているものである。レッドの斑の入っているものや、地色が黄色味がかったホワイトのものは好ましくない。

サイズ

体高 
体高の上限はない。プロポーションが同じ場合は、大きい犬ほど好ましい。

体高の下限 
牡:77cm 牝:72cm
しかしながら、全ての犬は下限を大幅に上回ることが好ましく、牡は81cm以上、牝は75cm以上が好ましい。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます