このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・ピレニーズ - GREAT PYRENEES)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・ピレニーズ - GREAT PYRENEES)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・ピレニーズ - GREAT PYRENEES

世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・ピレニーズ - GREAT PYRENEES

ぐれーと・ぴれにーず

グレート・ピレニーズ - GREAT PYRENEES

グレート・ピレニーズ

原産地

フランス

用途

山地での家畜の群れの警護

沿革

遥か昔からピレネー山地に棲息し、中世には城館の番犬になっていたと、14世紀の本には記載されている。17世紀にはすでに伴侶犬としてもてはやされ、ルイ14世に飼育されるという光栄に浴している。1897年、ド・ビラント伯爵が、この犬種の詳細を記した。その10年後、最初のブリード・クラブが設立され、1923年にはベルナール・セナク‐ラグランジュが中心となってS.C.C.(フランス中央畜犬協会)に対して、公式スタンダードが登録申請された。現行のスタンダードは、この1923年のスタンダードにたいへん近いもので、特に正確なデータはそこから得ている。

一般外貌

巨大で、堂々として、頑丈な体躯であるが、優雅さに欠けることはない。

習性/性格

もっぱら家畜の群れを狼などの襲撃から守るために使用され、繁殖に際しては、防衛能力と、群れに対する意識の高さが重要視された。その結果、主な特性としては、力強く敏捷であり、また穏やかで護衛するものに対する意識が高いことが挙げられる。この番犬は、独立心が強く率先して行動する傾向があり、主人に対して、いくぶんかの自己の判断を要求する。

毛色

白。あるいはグレー(アナグマの毛色)、薄いイエロー、ウルフカラー、オレンジ色の斑が頭部、耳、尾の付け根にある白。アナグマ色のパッチはたいへん好ましい。ボディにいくつかの斑が見られる場合もある。

サイズ

体高 牡:70〜80cm 牝:65〜75cm
完全なタイプである限りサイズを2cmまで上回るのは許容される。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます