このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・デーン - GREAT DANE)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・デーン - GREAT DANE)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・デーン - GREAT DANE

世界の犬 : 2G 使役犬 : く : グレート・デーン - GREAT DANE

ぐれーと・でーん

グレート・デーン - GREAT DANE

グレート・デーン

原産地

ドイツ

用途

コンパニオン、警備犬

沿革

今日のグレート・デーン(ドイチェン・ドッゲ)の祖先犬については、古いブレンバイサー(ブルドッグの一種)と、猪猟犬(頑健なイングリッシュ・マスティ フ・タイプと、素早く機敏なサイトハウンドの混交犬と考えられる)を考慮しなければならない。「ドッゲ」という言葉は初め、大きくて、力強い犬を表すもの と理解され、特定の犬種を指すものではなかった。その後、"Ulmer Dogge"、"Englische Dogge"、"Danische Dogge"、"Hatzrude"、"Saupacker"、"Grosse Dogge"と いう語が毛色やサイズにより、異なったタイプの犬を指すようになった。1878年にベルリンでDr.Bodinusを長とする活動的なブリーダーや審査員 7人によって委員会が結成された。この委員会では、上記の異なったタイプの犬全てを<ドイチェン・ドッゲ>に分類した。このようにして、独立した1つの犬 種としてのグレート・デーンの基礎が築かれた。
1880年には、ベルリンのショーでグレート・デーンのスタンダードが初めて定められた。1888年以来、このスタンダードは に管理され、数年に1度の修正が加えられている。

一般外貌

高貴なグレート・デーンは、体高が高く、力強さと気高さ、強健さと上品さが兼ね備えられたしっかりした体躯である。体躯は崇高で、調和が取れ、たいへん印 象的な頭部とバランスのいいアウトラインをしている。グレート・デーンは見るものに崇高な印象を与える。この犬種は全犬種の中のアポロと言えよう。

習性/性格

友好的で、優しく、飼い主とりわけ子供達に対して献身的で、他人に対しては控えめ。自信に満ち、怖いもの知らずで、簡単に訓練でき、従順な家庭犬であることが求められる。如何なる挑発に対しても忍耐力が強く、攻撃的であってはならない。

毛色

グレート・デーンは3つの異なったバラエティーで繁殖される。:フォーン&ブリンドル、ハールクイン&ブラック、ブルー
・フォーン:淡いゴールデン・フォーンから濃いゴールデン・フォーン。ブラック・マスクが好ましい。胸や指趾に小さなホワイトのマーキングがあるのは好ましくない。
・ブリンドル:主色の淡いゴールデン・フォーンから濃いゴールデン・フォーンに、肋骨に向かってブラックの縞が入っている。マーキングは出来る限り均等で 明瞭なものほど良い。ブラック・マスクが好ましい。胸や指趾に見られる小さいホワイトのマーキングは好ましくない。
・ホワイトにブラックの斑(ハールクイン):主色が純白で、出来る限り縞のないもの。ボディ全体に不規則な漆黒の斑が満遍なくちらばっているもの。グレーやブラウンがかった斑は好ましくない。
・ブラック:漆黒。ホワイトのマーキングは許容される。これにはボストン・カラーも含まれ、ボディが毛布のようにブラックで被われているが、マズルや喉、 胸、腹、脚、尾の先端はホワイトでも良い。又地色が白でそれに大きな黒斑のあるもの。
・ブルー:明確なスチール・ブルーで、胸や足のホワイトのマーキングは許容される

サイズ

キ甲部での体高 牡:80cm以上 牝:72cm以上


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます