このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルマスティフ - BULLMASTIFF)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルマスティフ - BULLMASTIFF)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルマスティフ - BULLMASTIFF

世界の犬 : 2G 使役犬 : ふ : ブルマスティフ - BULLMASTIFF

ぶるますてぃふ

ブルマスティフ - BULLMASTIFF

ブルマスティフ

原産地

イギリス

用途

番犬、家庭犬

沿革

暗闇に乗じて狩猟地を荒らす侵入者の撃退など、夜間の番犬として19世紀中ごろ作出された犬種である。作出にあたって使用されたのは、犬種名のとおりブルドッグとマスティフだった。1900年ごろ単独犬種展がおこなわれたこともあったが、タイプが古く、また一定していなかったこともあり、人気が落ちたこともあった。その後改良が重ねられて1925年に至りほぼ現在の犬種標準に近いスタンダードが公認された。

一般外貌

力強い体格で、均整がとれており、頑丈さを誇示するが、ぎこちなさはなく、健全で、活動的である。

習性/性格

威勢がよく、用心深く、忠実である。

毛色

ブリンドル、フォーン又は赤の色調。色は混じりけがなく、鮮明でなくてはならない。胸のわずかな白斑は許容される。他部分の白斑は好ましくない。ブラック・マズルは必須であり、目にむかって色調が薄くなるが、目のまわりにはダークな斑があって表情を与えている。

サイズ

体高 牡:63.5〜68.5cm 牝:61〜66cm

体重 牡:50〜59kg 牝:41〜50kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます