このページ(世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : ほ : ボルゾイ - BORZOI)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : ほ : ボルゾイ - BORZOI)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : ほ : ボルゾイ - BORZOI

世界の犬 : 10G 視覚ハウンド : ほ : ボルゾイ - BORZOI

ぼるぞい

ボルゾイ - BORZOI

ボルゾイ

原産地

ロシア

用途

ハンティング・サイトハウンド、レーシング・ハウンド、コーシング・ハウンド

沿革

ボルゾイは9世紀にも渡り、ロシアの文化と歴史に重要な役割を担ってきた。11世紀のフランスの年代記によると、キエフ大公の娘であるアンナ・イアロスラバ女史が、アンリ一世の妻としてフランスに渡ってきた時に3頭のボルゾイが連れて来られたと記されている。この犬種の所有者やブリーダーには皇帝や詩人など著名な人々が多かった。イワン雷帝、ピョートル大帝、ニコラス二世、プーシキン、ツルゲーネフである。有名な犬舎〈Pershinskaya okhota〉を持ち、著名なブリーダーであるニコライ・ニコラエビッチ大公、並びにディミトリ・ヴァウツェブ氏は多大な影響を与えている。19世紀末より、ボルゾイはヨーロッパやアメリカの最も大きな犬舎でも見られるようになった。

一般外貌

高貴な外見で、大型で、細く引き締まり、同時にがっしりしており、ごく僅かに引き伸ばされたような体躯である。通常牝は牡よりも長い。丈夫な骨格構成だが、重量感があるわけではない。骨はどちらかというと平らである。筋肉は引き締まり、よく発達している。特に腿の筋肉が発達しているが、過度ではない。体躯構成と動きの調和が最も重要である。

習性/性格

ボルゾイは日常生活の中で、静かで、バランスの取れた性格を有している。獲物を見つけると、突然興奮する。鋭い視覚を有し、かなり遠くまで見ることができる。反応も激しい。

毛色

ブルーとブラウン(チョコレート)とこの色調の毛色を除いた、あらゆる毛色の組み合わせが許容される。
上記に示した全ての毛色は単色でもパイドでも許容される。フリンジや<ブリーチ>、尾の飾り毛は地色よりもかなり明るい。上掛けの毛色についてはブラック・マスクが典型的である。

サイズ

理想体高
牡:75〜85cm 牝:68〜78cm
牡においては、体高は尻の最高点から地面までの長さと等しいか、それより僅かに高い。牝においては、これらの体高は等しい。上限を越えている犬も、本犬種のよいタイプであれば、許容される。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます