このページ(世界の犬 : 9G 愛玩犬 : は : パピヨン - PAPILLON)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 9G 愛玩犬 : は : パピヨン - PAPILLON)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 9G 愛玩犬 : は : パピヨン - PAPILLON

世界の犬 : 9G 愛玩犬 : は : パピヨン - PAPILLON

ぱぴよん

パピヨン - PAPILLON

パピヨン

原産地

フランス、ベルギー

用途

愛玩犬

沿革

祖先犬はスペインのスパニエルの一種で、小さいので一寸法師のスパニエル(エパニエルナン)と呼ばれ、16世紀にフランスのルイ14世王朝時代、上流社会でもてはやされ、イタリアのボローニャ地方で多く繁殖され、高額で取引されたと記されている。パピヨンとはフランス語で蝶のことで、この犬の耳が蝶の羽状に見えることから名付けられ、したがって別名バタフライ・スパニエル(英名)とも呼ばれている。

一般外貌

優美で、豪奢な小型のトイ・スパニエルで、標準的で、調和の取れた体躯構成をしている。被毛は長く、適度な長さのマズルはスカルより短い。性格は活発で、優美だがたくましく、気品があり、軽快でエレガントな歩様をする。体長は体高よりもいくぶん長い。

毛色

白地であれば全ての色が認められる。ボディや脚はホワイトの割合が多いのが好ましい。頭部にはいくぶん幅の広いブレーズが広がっているのが好ましい。頭部の下部にホワイトのマーキングがあることは許容されるが、ホワイトが大半を占めるのは欠点となる。唇、眼瞼、特に鼻は、全て色素が濃くなければならない。

サイズ

体高 28cm以下


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます