このページ(世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ら : ラサ・アプソ - LHASA APSO)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ら : ラサ・アプソ - LHASA APSO)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ら : ラサ・アプソ - LHASA APSO

世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ら : ラサ・アプソ - LHASA APSO

らさ・あぷそ

ラサ・アプソ - LHASA APSO

ラサ・アプソ

原産地

チベット

用途

愛玩犬

沿革

非常に古い犬種で約2000年の歴史があるといわれている。
チベットではラマ教の寺院のあったラサ(当時の首都)で僧侶や貴族の間で飼育され、幸福を招く魔除けの犬と信じられていた。アプソとはチベット語で山羊に似ているという意味である。またアプソ・セン・カイ(よく吠える、ライオンに似た犬)というチベット語が犬種名になったとする説もある。代々のチベット仏教の統率者のダライ・ラマによって中国皇帝に献上されていたが、牡に限られていた。
チベットが諸外国と交流をするようになった1920年代になってヨーロッパへもたらされるようになった。1929年イギリスのショーで紹介され、オリエンタル・タリズマン・ドッグ(東洋のお守り犬)として人気を博し、1933年イギリス・ケンネル・クラブによって公認された。
シー・ズーの直接の祖先犬である。

一般外貌

全体のバランスがよく、頑丈で、毛量は豊かである。

習性/性格

陽気で、自尊心がある。用心深く、落ち着いている。見知らぬ者に対してはいくらか無関心である。

毛色

ゴールデン、サンディ、ハニー、ダーク・グリズル、スレート、スモーク、パーティ・カラー、ブラック、ホワイト又はブラウンがある。これらの色は等しく許容され、色による優劣はない。

サイズ

理想体高 牡:25.4cm 牝はこれよりもわずかに小さい。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます