このページ(世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ひ : ビション・フリーゼ - BICHON FRISE)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ひ : ビション・フリーゼ - BICHON FRISE)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ひ : ビション・フリーゼ - BICHON FRISE

世界の犬 : 9G 愛玩犬 : ひ : ビション・フリーゼ - BICHON FRISE

びしょん・ふりーぜ

ビション・フリーゼ - BICHON FRISE

ビション・フリーゼ

原産地

フランス/ベルギー

用途

コンパニオン

沿革

アフリカ大陸に面した大西洋上に浮かぶカナリア諸島の土着犬を、16世紀頃フランスで小型化するのに成功し、貴婦人の間で香水で洗う白い抱き犬として流行した。マルチーズやプードルの影響を受けているものと考えられる。
フリーゼとは縮れた毛、ビションは飾るという意味のフランス語で、もじゃもじゃの巻き毛に飾られた犬としてフランス国内で愛されていたが、今から20数年前アメリカで独創的なカットが開発され、これに工夫が加えられ、現在のショー・カットとなって世界的流行犬種となった。

一般外貌

快活で陽気な小型犬である。動きの軽快な歩様で、中位の長さのマズルをもち、被毛は長く、とてもゆるいコークスクリュー状の巻き毛で、これはモンゴルの山羊の被毛にたいへん似ている。頭部は誇らしげに高く掲げ、目はダークで生き生きとし、表情に富む。

毛色

純白である。

サイズ

体高 体高は30cmを越えてはならず、小型であることが好ましい。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます