このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ら : ラブラドール・レトリーバー - LABRADOR RETRIEVER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ら : ラブラドール・レトリーバー - LABRADOR RETRIEVER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ら : ラブラドール・レトリーバー - LABRADOR RETRIEVER

世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ら : ラブラドール・レトリーバー - LABRADOR RETRIEVER

らぶらどーる・れとりーばー

ラブラドール・レトリーバー - LABRADOR RETRIEVER

ラブラド−ル・レトリーバー

原産地

イギリス

用途

ガン・ドッグ

沿革

ラブラド−ル・レトリーバーの多岐にわたる活躍は広く知られているが、沿革については定かではなくほとんど知られていない。16世紀頃北米大陸沿岸へ出漁した北欧やイギリスの漁船に同乗しカナダのラブラドル半島へ渡った犬の後裔と思われる。
1800年頃、ニューファンランド島からのしお鱈を運ぶ船でイギリスへ送られてきたのが、この犬がヨーロッパへ紹介された最初だといわれている。
ラブラド−ル・レトリーバーは、長い間この厳寒の海辺で海中に流れた網を捜したり、網からこぼれ出た魚を捕らえてそれを運ぶ仕事に従事していた。
1880年までは頑固な性格を有していたが、以後従順な性格となり訓練性能が向上し、運搬犬や警察犬としても使用され、近年は盲導犬として活躍するものも多く、世界中で飼育されるようになった。
レトリーバーとは獲物を回収運搬する犬という意味である。地名が犬種名となった。

一般外貌

力強い体躯構成で、ショート・カプルドで、たいへん活動的である。スカルは幅広く、胸と肋は幅広く深い。腰及び後肢は幅広く、力強い。

習性/性格

気立てが良く、たいへん聡明である。嗅覚は優れており、ソフトマウスで、水をたいへん好む。適応性があり、献身的な伴侶である。理解力があり、鋭敏で、柔順で、人に喜ばれるのを好む。生まれつき優しく、攻撃的でもなければ、過度にシャイでもない。

毛色

全体的にブラックあるいはイエロー、レバー/チョコレートである。イエローは明るいクリーム色からレッド・フォックスまである。胸にある小さなホワイトの斑は許容される。

サイズ

理想体高 牡:56〜57cm 牝54〜56cm


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます