このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フラットコーテッド・レトリーバー - FLAT-COATED RETRIEVER)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フラットコーテッド・レトリーバー - FLAT-COATED RETRIEVER)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フラットコーテッド・レトリーバー - FLAT-COATED RETRIEVER

世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : ふ : フラットコーテッド・レトリーバー - FLAT-COATED RETRIEVER

ふらっとこーてっど・れとりーばー

フラットコーテッド・レトリーバー - FLAT-COATED RETRIEVER

フラットコーテッド・レトリーバー

原産地

イギリス

用途

ガン・ドッグ

沿革

犬種としての歴史はそれほど古くはないが、展覧会に出陳されたのは早く、1860年のバーミンガム・ショーに参加。当時はウェービー・コーテッドと呼ばれ、波状毛で体形的にもラブラドールとの差異も少なかった。時代が進むにつれ、波状毛が徐々に平滑毛に変わり、フラット・コーテッドと呼ばれるようになった。
祖先犬は小型のニューファンドランドまたはチェサピーク・ベイ・レトリーバーの小型のものと思われているが、ラブラドールとカーリーコーテッドによったという説もある。
当初は番犬として考えられていたが、その嗅覚がすぐれていたことから猟犬とすべく、重すぎる体重やバランスの改良がはかられ、犬種的な完成度が高められ た。1864年の展覧会から他のレトリーバーと区別されるようになった。
水中における鴨の運搬だけでなく、陸上においても獲物の回収犬として重宝がられている。

一般外貌

快活で、活動的な中型犬である。利口な表情で、力強いが重々しくはなく、細身ではあるがひょろひょろとはしていない。

習性/性格

天賦のガン・ドッグとしての能力を備えており、熱心な尾の動きから分るように楽天的で友好的である。自信に満ちており、また優しい性格をしている。

毛色

ブラックまたはレバーに限る。

サイズ

理想体高 牡:59〜61.5cm 牝:56.5〜59cm

理想体重 牡:27〜36kg 牝:25〜32kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます