このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : い : イングリッシュ・コッカー・スパニエル - ENGLISH COCKER SPANIEL)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : い : イングリッシュ・コッカー・スパニエル - ENGLISH COCKER SPANIEL)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : い : イングリッシュ・コッカー・スパニエル - ENGLISH COCKER SPANIEL

世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : い : イングリッシュ・コッカー・スパニエル - ENGLISH COCKER SPANIEL

いんぐりっしゅ・こっかー・すぱにえる

イングリッシュ・コッカー・スパニエル - ENGLISH COCKER SPANIEL

イングリッシュ・コッカー・スパニエル

原産地

イギリス

用途

フラッシング・ドッグ

沿革

英国のスパニエルの先祖に関するもっとも古い記録は、ウェールズ王だったハウエル・ダー(915〜948年治世)の法典に「王のスパニエルは1ポンドの価値あり」と記載されているのが最初である。このスパニエルはランド・スパニエルと考えられ、イギリスの多くのスパニエルの祖先犬となった。一説には、フランスのブリタニ−・スパニエルをを祖とし、これにトイ・スパニエルのブレンハイムを配して作られたものともいわれている。
イギリスのウェールズ地方で17世紀頃から主として山シギ猟に用いられるようになったことから、コック(シギ)をとる犬ということでコッカーと呼ばれるようになった。ケネル・クラブにこの犬種名が公認されたのは1883年で、以後国際的にも発展した。アメリカン・コッカー・スパニエルの直接の祖先である。

一般外貌

陽気で、頑丈なスポーティング・ドッグである。全体のバランスがよく、コンパクトである。体高はキ甲から尾の付け根までの長さにほぼ等しい。

習性/性格

明るい性格で、絶えず振られる尾は、典型的な活発な動きを見せる。臭跡追及時には、獲物の隠れている繁った茂みなどにも躊躇しない。穏やかで愛情深いが、大変活動的である。

毛色

毛色は多様である。単色においては、胸以外のホワイトは認められない。

サイズ

体高 牡:39〜41cm 牝:38〜39cm

体重 約12.5kg〜14.5kg


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます