このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : あ : アメリカン・コッカー・スパニエル - AMERICAN COCKER SPANIEL)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : あ : アメリカン・コッカー・スパニエル - AMERICAN COCKER SPANIEL)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : あ : アメリカン・コッカー・スパニエル - AMERICAN COCKER SPANIEL

世界の犬 : 8G 7グループ以外の鳥猟犬 : あ : アメリカン・コッカー・スパニエル - AMERICAN COCKER SPANIEL

あめりかん・こっかー・すぱにえる

アメリカン・コッカー・スパニエル - AMERICAN COCKER SPANIEL

アメリカン・コッカー・スパニエル

原産地

アメリカ合衆国

用途

フラッシング・ドッグ、コンパニオン

沿革

1620年、メイフラワー号でアメリカへ最初の移民がやってきたとき2頭の犬を連れていたが、その1頭がコッカー・スパニエルだったといわれている。その後も移民が到着するたびにコッカー・スパニエルがアメリカへもたらされた。その中にマールボロー系のスパニエルが含まれており、この系統の犬は小柄で頭部が丸く、マズルが短く、大部分が愛玩用として飼育され、猟用のスパニエルとタイプがちがっていた。これが後にアメリカン・コッカー・スパニエルの誕生の背景となっている。
しかしアメリカでショーが始まった1870年代から1945年まで、このタイプの犬とイングリッシュ・コッカー・スパニエルがコッカー・スパニエルとして審査をされていた。この年アメリカン・ケネル・クラブはイングリッシュ・コッカーは別犬種であると宣言し、展覧会でも別区分とした。またディズニー・プロダクションが制作した映画『わんわん物語』でアメリカン・コッカー・スパニエルが主人公となったことから、世界中に知られるようになった。わが国では昭和 30年代から人気犬種となり現在に至っている。

一般外貌

アメリカン・コッカー・スパニエルは鳥猟犬種の中で最も小型の犬種である。しっかりした、コンパクトなボディであり、見事に彫りが深く洗練された頭部をもち、理想的なサイズで全体として完全にバランスがとれている。真っ直ぐな前脚の上に肩があり、トップラインは力強く筋肉質で、程よい角度の後躯へ向かってわずかに傾斜する。相当なスピードと卓越した耐久力を兼ね備えている。とりわけ自由で、快活で、健全でなければならず、全体的バランスがよく、活動する時は作業に対して熱心である。長所と欠点のはっきりした犬よりも全体的にバランスがとれた犬の方がより望ましい。

習性/性格

穏やかな気質で、臆病ではない。

毛色及びマーキング

ブラック・バラエティー
ブラックの単色、タン・ポイントのあるブラックを含む。ブラックはジェット・ブラック(純黒)でなければならない。被毛のブラウン及びレバーの色調は望ま しくない。胸及び喉にみられる少量のホワイトは許容される。他の部分でのホワイトは失格となる。

ブラック以外の単色(アスコブ・バラエティー)(Any Solid Colour Other than Black(ASCOB))
ブラック以外の単色であり、たいへん明るいクリームからたいへんダークなレッドまである。ブラウン及びタン・ポイントのあるブラウンも含む。色は一様でなくてはならないが、飾り毛の明るい色調は許容される。胸及び喉にみられる少量のホワイトは許容される。他の部分のホワイトは失格となる。

パーティ・カラー・バラエティー
2色以上の明確にはっきりと区別できる単色で、そのうち一色はホワイトでなくてはならない。ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト(レッドはたいへん明るいクリームからたいへんダークなレッドまでの色調)、ブラウン&ホワイト及びローン。それぞれの色のタン・ポイントを含む。タン・マーキングはブラックやアスコブ・バラエティのタン・ポイントと同じ位置にあることが望ましい。ローンはパーティ・カラーに分類されるが、通常どのようなローン・パターンでもよい。基本色が90%以上を占めるものは失格となる。

タン・ポイント
タンの色はたいへん明るいクリームからたいへんダークなレッドまでであり、基本色の10%以下でなければならない。これを上回るタン・マーキングは失格と なる。ブラック又はアスコブのタン・ポイントの場合、次の部分になければならない。
1)両目の上の明確なタン・スポット
2)マズル及び頬の両側
3)両耳の裏側
4)足及び脚
5)尾の裏側
6)胸部:あってもなくてもよい。
タン・マーキングは、明瞭でないものや、わずかしか見られないものはペナルティとなる。マズルの両側のタンが上方へ伸び、つながるものはペナルティとなる。ブラック及びアスコブでタン・マーキングが定められた場所にない場合と、定められた場所以外にある場合は失格となる。

サイズ

理想的な体高は牡で38.1cm、牝で35.6cmである。これより1.25cm上下してもよい。牡で39.4cm、牝で36.8cmを上回る場合、失格となる。牡で36.8cm、牝で34.3cmを下回る場合、ペナルティが課される。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます