このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ラフ・コリー - ROUGH COLLIE)内のスキップメニュー
  1. このページ(世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ラフ・コリー - ROUGH COLLIE)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  世界の犬  >  世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ラフ・コリー - ROUGH COLLIE

世界の犬 : 1G 牧羊犬・牧畜犬 : ら : ラフ・コリー - ROUGH COLLIE

らふ・こりー

ラフ・コリー - ROUGH COLLIE

ラフ・コリー

原産地

イギリス

用途

牧羊犬

沿革

スコットランドの牧羊の歴史は6千年に及ぶといわれている。したがって牧羊犬の歴史も古いが滅んだ犬種も多く不明な部分が少なくない。
コリーはスコットランドのハイランド地方で過去数百年の間山岳丘陵地帯で牧羊作業に従事していた。スコットランドの羊は顔と肢が黒かったことからコリー(アングロ・サクソン語で黒を意味する)と呼ばれ、牧羊犬も黒い毛色が主流だったことからコリー・ドッグと呼ばれ、のちにコリーとなった。その後毛色はトライ・カラーが主流となりブルー・マールも多かった。1860年ビクトリア女王がスコットランドを訪問し連れて帰ったことから人気化した。
セーブル・アンド・ホワイトが記録されたのは1872年である。この毛色が大衆に好まれコリーの人気を絶対のものとした。

一般外貌

優美で落ち着いていて威厳があり、全体として完全なバランスのプロポーションである。

習性/性格

親しみやすい性質で、神経質であったり、攻撃的であったりしない。

毛色

3色が認められている:セーブル・アンド・ホワイト、トライカラー及びブルーマール。

セーブル
明るいゴールドから濃いマホガニー、あるいはシェ−デッド・セーブルまでの様々な色合い。ライト・ストローもしくはクリームは、非常に好ましくない。

トライカラー
主色はブラックで、脚及び頭部に濃いタンの斑をもつ。上毛に錆色がかったものは非常に好ましくない。

ブルーマール
ブラックが散って混じっているはっきりとしたシルバー・ブルーが主なもの。濃いタンのマーキングが好ましいが、なくともペナルティーは課せられない。大き なブラックの斑、上毛及び下毛がスレート色、及び錆色がかったものはきわめて好ましくない。

ホワイト・マーキング
以上の毛色はすべて、大小を問わず典型的なホワイトのコリーの斑を有する。以下のホワイト・マーキングは好ましい。全体ないし一部のカラー(頸周り)。前 胸。脚や足。尾の先端。ブレーズはマズルあるいはスカル及びその両方にあってもよい。

サイズ

肩の高さで牡:61cm 牝:56cmを理想とする。


グループ(FCI10グループ)別

下記のグループボタンから、ご覧になりたいグループを選択すると個々の犬について表示されます