このページ(資格取得の条件)内のスキップメニュー
  1. このページ(資格取得の条件)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  公認資格について  >  ハンドラー  >  資格取得の条件

資格取得の条件

資格を取得するには?

まずは、本会の会員になる必要があります。入会手続きの窓口は最寄の愛犬クラブとなっています。少なくとも1年以上の会員歴がないと資格取得試験にチャレンジすることができません。もちろん何年の会員歴があっても、いきなり上のレベルの資格を取得できるわけではありません。まずはC級から受験していただくことになります。

*ハンドラーC級
受験できるのは、年齢満18歳以上で、1年以上のJKCクラブ会員歴があり、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。試験はモデル犬1頭による実技試験です。
*ハンドラーB級
受験できるのは、C級資格を取得してから2年後の年度内及びそれ以降を経過した方で、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。試験はモデル犬2頭による実技試験です。
*ハンドラーA級
受験できるのは、B級を取得してから3年後の年度内及びそれ以降を経過した者で、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。試験はモデル犬3頭による実技試験と学科試験です。
*ハンドラー教士
受験できるのは、年齢満30歳以上で、A級を取得してから5年以上経過し、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。試験はモデル犬3頭による実技試験と学科試験です。

★モデル犬は受験者が用意します。生後9カ月1日以上の本会登録犬であることが必要です。

★B級以上を受験する場合はモデル犬が2頭以上必要となりますが、この場合、本会展覧会区分による異なった各群から1頭ずつと、審査テーブルを使用する犬種としない犬種を、受験者が各準備する必要があります。もちろん生後9カ月1日以上の本会登録犬でなくてはなりません。

★師範資格は、年齢満55歳以上、教士経験10年以上で永年実務に携わり、指導的立場に従事している者で、中央ハンドリング委員会の推薦を経て、理事会の承認を得た者のみに与えられます。

受験の方法

JKC公認ハンドラー資格取得試験は全国各ブロックで毎年1回実施され、その期日等の詳細は本会会報「JKCガゼット」に掲載されます。受験を希望される方は、ご自分の居住地のブロックの事務局に受験願書と受験料(各級共通:5,300円)を添えて、締切日までに申し込みます。

ブロック区分

北海道ブロック 北海道
東北ブロック 青森/岩手/秋田/宮城/山形/福島
北関東ブロック 栃木/群馬/茨城
千葉ブロック 千葉
埼玉ブロック 埼玉
東京ブロック 東京
神奈川ブロック 神奈川
北陸甲信越ブロック 山梨/長野/新潟/富山/石川
中部ブロック 静岡/愛知/岐阜/三重
近畿ブロック 福井/和歌山/奈良/滋賀/京都/兵庫
大阪ブロック 大阪
中国ブロック 岡山/広島/山口/鳥取/島根
四国ブロック 香川/愛媛/徳島/高知
九州ブロック 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

ハンドラー資格登録者数(2000年以降)

  C級 B級 A級 教士 師範 合計
2000年度 7,535 394 241 43 0 8,213
2001年度 7,747 394 231 44 6 8,422
2002年度 8,159 404 229 47 6 8,845
2003年度 8,530 412 221 49 6 9,218
2004年度 8,850 418 224 55 6 9,553
2005年度 8,884 407 224 53 6 9,574
2006年度 8,728 418 228 56 6 9,436
2007年度 8,460 422 215 58 6 9,161
2008年度 8,103 427 216 59 6 8,811
2009年度 7,569 421 210 60 6 8,266
2010年度 7,340 407 220 63 6 8,036
2011年度 7,064 394 214 63 6 7,741
2012年度 6,862 389 206 65 6 7,528
2013年度 6,776 372 199 65 5 7,417
2014年度 6,674 361 203 69 5 7,312

(年度末統計)

※A級には特別A級資格者数も含んでいます。現在、特別A級資格を取得する制度はありません。

お問合わせ先

一般社団法人ジャパンケネルクラブ事業部技術事業課
電話番号: 03-3251-1656

前
ハンドラーとは
カテゴリートップ
ハンドラー
次
義務研修会・資格取得試験・競技会 情報