このページ(トリマーとは)内のスキップメニュー
  1. このページ(トリマーとは)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  公認資格について  >  トリマー  >  トリマーとは

トリマーとは

トリマーって?

トリマーというのは、犬の美容師のことです。主に、毛、皮膚、爪、耳などの手入れを行います。

犬が人間の実用動物(牧羊犬や狩猟犬など)から転じて、次第に趣味、愛玩の対象となり、特に長毛の愛玩犬は可愛いらしく、美しいことを目的に改良されてきたため、次第に、犬は人の手を借りなければ自分の毛を手入れすることができなくなってしまいました。この手伝いをするのがトリマーの仕事です。

諸外国においては、犬の手入れ全般のことを「グルーミング=grooming」と呼び、また、それを行う人のことを{グルーマー=groomer」と呼んでいます。日本においては、グルーミングの中の一分野である「トリミング(トリム = 毛を刈り込んで整えること)」から発生した「トリマー」という呼び名が定着していますが、ここでご紹介する「トリマー」とは犬の手入れ全般を行う仕事であり、「グルーマー」と読み換えることができます。

犬は個体ごとに性格も異なり、飼い主以外なかなか懐かない個体もいますので、取り扱いに十分注意なければならないこともあります。また、作業範囲は人間と違い全身に及びます。種類によっては被毛の量が大変多く、長く絡みやすかったりします。大型犬ではブラッシングだけで2時間以上かかることもあり、立ち仕事のため体力も必要となります。

■ 通常の仕事の手順は、以下のような流れで行われます。

  1. ブラッシング
  2. シャンプー・リンス
  3. ドライヤーによる乾燥
  4. 爪切り・耳掃除
  5. カッテング
    (犬の種類によってはストリッピング=毛を抜く作業も加わります)

トリマーとして仕事をしていくためには、美容の知識と技術だけではなく、犬以外に猫などのペット動物の健康、飼養管理に必要な知識まで、飼い主からあらゆる相談を受けることが多いため、幅広く修得しておく必要があります。

■ 主なトリミング犬種

  • プードル
  • コッカー・スパニエル
  • スコティッシュ・テリア
  • ミニチュア・シュナウザー
  • ベトリントン・テリア
  • ビション・フリーゼ
  • ワイヤーヘアード・フォックス・テリア

…等。
(犬種ごとにカットの仕方がそれぞれ定められています。)

カテゴリートップ
トリマー
次
資格取得の条件