このページ(「動物の愛護及び管理に関する法律」について)内のスキップメニュー
  1. このページ(「動物の愛護及び管理に関する法律」について)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  繁殖をされる方へ  >  参考資料  >  「動物の愛護及び管理に関する法律」について

「動物の愛護及び管理に関する法律」について

●動物取扱業者登録

 「動物の愛護及び管理に関する法律」では、ペットショップはもちろんのこと、多数の繁殖をしている方のみならず、一般愛犬家が自宅で繁殖をして有償で譲渡したりショップなどに販売している場合においても、「業」としての登録が必要とされています。この登録を行わなければ、法律上「動物取扱業」を営むことができず、もし無登録で営業を行った場合は罰金に処せられる場合もあります。
 登録については、自治事務(その運用が地方自治体の判断に委ねられている事務)であるため地方自治体によって取扱いに差異があります。まだ登録しておらず、これから繁殖をして子犬の販売を行おうとする場合や、新たにペットホテルや美容業などを行おうとする場合も、あらかじめ「動物取扱業者」登録が必要になります。登録の際にはお住まいの地域を管轄する自治体に対し、どのような書類を提出すれば登録が可能であるか確認してください

登録の申請先は、都道府県知事または政令市の長(都道府県によっては、その登録の事務を中核市等に委託している場合があります)となっています。

「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」が2013年9月1日より施行されています。
詳細は、こちらをご確認ください。

下記の表にある業種は、「動物取扱業」としての登録が必要です(従来は届出制)。 ご自身が該当するかどうかをご確認の上、適切な対応をお願いいたします。

環境省ホームページより
業種 業の内容 該当する業者の例
販売 動物の小売り及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖または輸出入を行う業 (その取り次ぎまたは代理を含む) 小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖または輸入を行う者、露天等における販売のための動物の飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテル業者、美容業者(動物を預かる場合)、ペットのシッター
貸出し 愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業 ペットレンタル業者、映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり訓練を行う業 動物の訓練・調教業者、出張訓練業者
展示 動物を見せる業(動物とのふれあいの提供を含む) 動物園、水族館、移動動物園、動物サーカス、動物ふれあいパーク、乗馬施設、アニマルセラピー業者(「ふれあい」を目的とする場合)
競りあっせん業 動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行うこと 動物オークション(会場を設けて行う場合)
譲受飼養業 有償で動物を譲り受けて飼養を行うこと 老犬老猫ホーム

※ ご自身が「動物取扱業」に該当するかどうか判断が難しい場合は下記のリンク先から、最寄の動物愛護管理行政担当の窓口にご相談ください。改正法の概要についても、環境省のホームページなどでよくご確認ください。

● クラブ会員のみなさまへ

■ 血統証明書申請について

動物取扱業者登録は改正動愛法に定められている事項であり、本会犬籍登録とは直接関係するものではありませんが、法令遵守に努めていただくようご配慮をお願いいたします。血統証明書申請は従来通り受け付けております。

● お問い合わせ

動物取扱業の登録手続きについては、あなたが業務を行っている都道府県の動物愛護管理行政担当部局までお問い合わせください。

■ 最寄の問合せ先は、こちらからご確認ください。

■ 規制を受ける業種については、環境省ホームページにある下記の資料をご確認ください。

■ 法律についての詳しい情報は、下記よりご確認ください。

カテゴリートップ
参考資料
次
ブルセラ症に関する感染予防について