このページ(血統証明書への記載(股関節形成不全症(HD)))内のスキップメニュー
  1. このページ(血統証明書への記載(股関節形成不全症(HD)))のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  繁殖をされる方へ  >  遺伝性疾患評価の記載  >  血統証明書への記載(股関節形成不全症(HD))

血統証明書への記載(股関節形成不全症(HD))

JAHDによる股関節の評価は、右股関節と左股関節のそれぞれに対し、0〜45のポイントを与えるもので、異常の度合いが高いほど、このポイントが大きくなります。

JAHDでは、国際畜犬連盟(FCI)の定めるA〜Eの5段階評価に従って、評価ポイントを5段階に換算し、「股関節評価報告書」に記載します。

FCIの規定による評価 JAHDの
評価ポイント
A 股関節形成不全症の兆候なし 0 〜 4
B ほぼ正常な股関節 5 〜 11
C 軽度の股関節形成不全症 12 〜 15
D 中度の股関節形成不全症 16 〜 20
E 重度の股関節形成不全症 21 〜 45

記載内容の見方

評価は、右股関節と左股関節のそれぞれについて行われることから、左右の評価が同一でなかった場合、5段階評価ではポイントが大きい方(股関節の関節炎やゆるみの度合いが大きい方)の股関節評価が採用されます。

■上記例の場合
右が08でB評価、左が12でC評価であるため、血統証明書への記載はCとなります。
前
お手続き方法 ・ 申請用紙ダウンロード
カテゴリートップ
遺伝性疾患評価の記載
次
血統証明書への記載(肘関節異形成症(ED))