このページ(遺伝性疾患を減らしていくために)内のスキップメニュー
  1. このページ(遺伝性疾患を減らしていくために)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  繁殖をされる方へ  >  遺伝性疾患評価の記載  >  遺伝性疾患を減らしていくために

遺伝性疾患を減らしていくために

遺伝性疾患を減らしていくために

■ 股関節形成不全症(HD)とは

腰と左右の後肢をつなぐ股関節が緩むことによって関節炎が発症し、痛みが出たり、腰を振るような症状が見られ、重度になると歩いたり走ったりすることができなくなることもあります。

正常な股関節と形成不全
(提供:JAHD)

■ 肘関節異形成症(ED)とは

大型犬を中心に、急速に成長する発育期の肘関節に関節炎が起こり、進行すると重度の前肢跛行になることもあります。また、発症がもっとも起こりやすいのは5〜9カ月齢前後です。

グレード3の肘関節側画像と前後像
(提供:JAHD)

これらの遺伝性疾患を減らしていくためには、それぞれの疾患について正確な知識を持ち、疾患要素を持つ犬による交配・繁殖を避けることが重要です。
その第一歩となるのが、「股関節・肘関節評価の血統証明書への記載」なのです。

前
はじめに
カテゴリートップ
遺伝性疾患評価の記載
次
股関節・肘関節の評価とは