このページ(犬種スタンダードで認められていない毛色について)内のスキップメニュー
  1. このページ(犬種スタンダードで認められていない毛色について)のメインコンテンツへ移動
  2. サイト(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))のメインメニューへ移動

JKC Home  >  繁殖をされる方へ  >  JKCの繁殖指針とブリーダーの役割  >  犬種スタンダードで認められていない毛色について

犬種スタンダードで認められていない毛色について

犬種スタンダードで認められていない毛色の取り扱いについて

 本会では、FCI規程に基づき、犬種スタンダード(犬種標準)で認められていない毛色については、血統証明書を発行する場合、本犬の毛色の前に「×」印を印字しています。

犬種スタンダードで認められていない毛色の子犬が生まれた際に、実際と異なる毛色で登録されるようなことがあると正しいカラーブリーディングができなくなることから取っている措置です。
 犬種スタンダードから逸脱した毛色について「珍しい」とか「レアカラー」といった誤った取り扱いが見受けられることから、これらの行為を抑制させる観点からの措置でもあります。

 犬種スタンダードで認められていない毛色の犬は、展覧会において重大欠点となり、優良犬の普及という本会の目的からも望ましいことではありません。
 正しい犬質の維持のために、該当犬を、牡・牝いずれかに用いた繁殖は慎重に取り扱うべき事項です。特に、該当犬同士の交配は避けるべきです。
 なお、マール(及びダップル)同士の交配は避けてください。高い確率で致死や、難聴のような健康欠陥が生じるためです。

犬種スタンダードで認められていない毛色については、下記の一覧表でご確認ください。

[更新日:2016年1月6日]

オーストラリアン・シェパード ■ブルー
ブービエ・デ・フランダース ■フォーン[注1]
■フォーン・ブリンドル[注1]
■ソルト&ペッパー
[注1] 会報誌2003年7,8月号公示の全犬種標準書第10版に伴う改訂により、2008年9月1日登録分より追加。(当該日以前の登録分については、血統証明書を再作成する場合でも「×」印の印字は行いません。)
ラフ・コリー
スムース・コリー
■セーブル・マール
■セーブル・マール&ホワイト
スキッパーキ ■クリーム
■フォーン
シェットランド・シープドッグ ■ブルー,ホワイト&タン
■ブリンドル
■セーブル・マール
■セーブル・マール&ホワイト
ウェルシュ・コーギー・カーディガン ■ホワイト&ブルー・マール
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク ■ブルー
■ブルー,タン&ホワイト
■ブルー&ホワイト
■ホワイト&レッド
■ホワイト&セーブル
ボクサー ■ホワイト[注2]
■ホワイト&ブリンドル[注2]
■ホワイト&フォーン[注2]
[注2] 2010年4月1日以降に登録される一胎子から出産全頭(死亡等を除く)登録の対象。
ブルドッグ ■ブラック&ホワイト
■ブラック、タン&ホワイト
グレート・デーン ■ブラック&グレー
■ブルー・マール
■フォーン&ホワイト(ホワイト&フォーン)
■ホワイト&ブルー・マール
ミニチュア・ピンシャー ■ブラック,タン&ホワイト
■ブルー
■ブルー&ラスト
■ブルー&タン
■フォーン
■グレー&タン
■イザベラ
■イザベラ&タン
■イザベラ,タン&ホワイト
■ホワイト
■ホワイト&レッド
■ホワイト、ブラック&タン
■ホワイト,チョコレート&タン
■ホワイト,イザベラ&タン
ミニチュア・シュナウザー ■ブラック&タン
■ブラック&ホワイト (ホワイト&ブラック)
■レバー
■レバー&シルバー
■レバー&タン
■レバー&ホワイト
■レバー・ペッパー
■レバー・ペッパー,パーティー
■レバー,パーティー
■ウィートン
■ウィートン・ペッパー
ニューファンドランド ■グレー
■グレー&ホワイト (ホワイト&グレー)
シャー・ペイ ■ブラック&タン
チベタン・マスティフ ■ブラウン
■グレー
ケアーン・テリア ■ブラック&タン
ジャック・ラッセル・テリア ■ホワイト&ブルー
■ホワイト,ブルー&タン
■ホワイト,チョコレート&タン
日本テリア ■ホワイト,ブルー&タン
ケリー・ブルー・テリア ■ブラック
スタッフォードシャー・ブル・テリア ■ブラック&タン
ヨークシャー・テリア ■チョコレート
■チョコレート&タン
ダックスフンド ■ブラック
■ブラック&ホワイト
■ブラック,タン&シルバー
■ブラック,タン&ホワイト
■ブルー
■ブリンドル&シルバー
■ブラウン
■チョコレート
■チョコレート&ホワイト
■チョコレート・ダップル&ホワイト
■クリーム&ブラック
■ダブル・ダップル
■ゴールド&ホワイト
■ゴールド,ダップル&シルバー
■イザベラ
■イザベラ・ダップル&ホワイト
■パイボールド記載
■レッド&ホワイト
■レッド・ブリンドル&ホワイト
■レッド・ダップル&ホワイト
■シルバー・ダップル&ホワイト
■ホワイト
■ホワイト&チョコレート・ダップル
[注3]スタンダード改正に伴い、2010年7月1日以降の登録について「ソルト&ペッパー」の表記は用いず、「ドライ・リーフ」で登録することとなります。
[注4]2016年1月1日以降の登録について、「ブラウン」、「チョコレート」、及び「イザベラ」のソリッド(単色)についても、スタンダードで認められていない毛色として「×」印が記載されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
紀州 ■斑
■斑
■白
ポメラニアン■マール記載
ビーグル ■ブラウン&ホワイト(ホワイト&ブラウン)
■ブラウン,タン&ホワイト(ブラウン,ホワイト&タン/ホワイト,ブラウン&タン)
アメリカン・コッカー・スパニエル ■ブリンドル
フラットコーテッド・レトリーバー ■イエロー
コーイケルホンディエ ■ブラック&ホワイト
■トライ
ボストン・テリア ■ブラック 
チワワ [注5]スタンダード改正に伴い、2011年4月1日以降の登録について、マール記載は、スタンダードで認められていない毛色として「×」印が記載されます。
■白
■白 セーブル
■白黒 タン
パピヨン ■ブルー&ホワイト (ホワイト&ブルー)
■ホワイト
■ホワイト,ブルー&タン
プードル ■一色毛以外の毛色
■ブリンドル
■レッド・ブリンドル
パグ ■ホワイト
イタリアン・グレーハウンド ■ブラック&タン
■ブラック,タン&ホワイト
■ブルー&タン
■ブルー,タン&ホワイト
■ブリンドル
■ホワイト
■ホワイト,ブラック&タン
前
遺伝性疾患に対する取組み
カテゴリートップ
JKCの繁殖指針とブリーダーの役割
次
交配月齢について